スポンサーサイト

--/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
小さな幸運

2007/12/28(金)

「朝日新聞から手紙だ? beパズルだ?」
息子が、見たこともないような勢いで封を切る。

「パズル当選のお知らせ、図書カードを送ります・・・だって!!」
「エッー ホントー? イクラー?」 
「10000円!!」
「すご?い!!」 私も金切り声でのぞき込む。

「ほら よく見て! 0が、ひとつ足らんよ?」
「ホントだ 1000円だ?」
「1000円でも凄いよー 良かったねー」

例の通りで、当選の字を見たとたん、1000も10000に見えてしまう。
新聞掲載の、1位10000円の字をいつも見ているから、仕方ないか。
集中力の問題だね・・・なんて、私の独り言。

前に当選外で、『数独パズルの本』を送ってもらったが、今年の最後で、やっと2位に当たってくれた。
ほんとに メデタイ、めでたい、・・・つい正月用の言葉が出る。

退院して多分3?4年、ほとんど毎週投稿した。
初めはリハビリにと、手助けしながらやっていたが、今は私が数独にハマリ、出来るまで何も手につかなくなってしまった。
解答が出るまで二人で あーだ、こーだ、と夢中になっている。

まてよ 難しいのは私ひとりでやった時もあり、半分の500円は??
息子は自分の名前でパソコンを打ち、当選の宛名も息子、カードはしまい込んでしまった。
くれないだろうな?

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:心と身体

息子の生活 | コメント(2) | page top↑
うしろ姿・ヘアスタイル

2007/12/23(日)

何気なく息子のケイタイをのぞいて、驚いた。
カメラの画面に若い女の人の後姿、頭だけ。
30センチはあろうかと思う、編み棒のようなアクセサリー? を2本、アップにした頭の中心で斜めに交差させている。

「エツー これどこで撮ったの?」
「学校(美容)だ! イャ? ウ?ン 分からん!」

12月5日 日付からみると作業所に行った日。
外に出て、どこか事務所の窓口のようだ。今迄は自分で 「冠雪した大山がきれいだねー」 とさかんに言っていても、「ケイタイで撮ったら?」 などと私が促さなければ、撮る事など気づかなかった。

自分の興味で、おもわず後姿のヘアスタイルだけ撮ったというのだろうか?その後ろ姿を見た時、学校時代の記憶が、シャッターを押させたのだろうか。
考えに考えて答えが出たのではなく、以前の感覚がひょいと顔を出したような。いつもの日常生活からは信じられない出来事だ。

一時的にしろ、思いがけない前進?
作業所の先生に聞けば事情が分かるかもしれないが、ここはクリスマスプレゼント、素直に喜ぼう。
そして来年もたびたび思いがけないことが、起こりますように。

テーマ:ほんのちょっとでも前進! - ジャンル:心と身体

息子の生活 | コメント(2) | page top↑
リズム・花

2007/11/05(月)

今日はいいことがあった。
たいした事ではないが、私なりにちょっと嬉しいことがあった。

私は花を活けるのが好きだ。特に野の花がいい。
我流で活けるだけだが、部屋と壺と花がピタリと決まると、気持ちがいい。

散歩がてら採ってきた、翡翠色(ひすいいろ)の実のついた『野ぶどう』 を活ける。
どこにでも生えてる野草だが、ぶどう様の葉っぱとまだらの翡翠色の実が、蔓にぶら下がって面白い。大きな蔓の一枝を黒っぽい壺に活けてみる。
野ぶどうの写真はこちら↓
http://homepage.mac.com/n_yoshiyuki/Graphics/lgal/5398.jpg
息子、一目見て
「あんたの花にはリズムがある」 という。ヤッター! うれしい!!

今迄は「どうかな??」 感想聞いても
花は? 「いいよ きれい きれい」
料理は? 「おいしい おいしい」
どこかに行っても? 「楽しかった?」
映画に行ってもカラオケに行っても? 「面白かった?」

語彙が少ないということなのか、考えて言葉を選択するのではなく、頭の中に用意してある定型的な言葉が、反射的に口から出るようだ。
確かに顔の表情は楽しそうだが、自分で考え、自分の言葉で感想をいうことは出来なかった。
経験の少ない子供の言葉と一緒なのだろう。

病気前の息子は いつも私の挿した花を見ていて、褒める時もあったが
「なんかヒラメキがないね? 手抜きだね?」 などと的確にきめつけ、ションボリさせたものだった。

野ぶどうの蔓の曲線、濃い緑の葉っぱ、ぶら下がったまだら翡翠色の実のバランスには、「リズムがある」 の言葉は最大級の褒め言葉だ。
息子の情感がよくなったことよりも先に、私の活けた野ぶどうを褒めてくれて、うれしい、ただ単純にうれしい。病気のことなど忘れさせてくれた。

目で見て、直感的なことはだいぶよくなった様だ。

テーマ:ほんのちょっとでも前進! - ジャンル:心と身体

息子の生活 | コメント(2) | page top↑
めし屋の効用

2007/10/15(月)

今日は日曜日、夕食にはまだ早いかと、ひと散歩。

夕方 やわらかい日差しだったのに、30分も歩けば薄明かりの中、あちこちのネオンまたたき、
私「おーめし屋か? ひさしぶりだね?」 ちょっと間をおいて
息子「たべようか?」 
「お財布持って来てない!」(←誘惑によわいから)
「おごってやる! お金はある? ?」 自分の財布、立ち止まって中確認。 
「2千円ある!」
「うれしいね?」 もうすぐホイホイと後に従う。

実の所、2千円で足りると思うけど、注文加減しなければな?と心の中。今はおごると言っているけど、店内に入りいざ会計の時、覚えているかな?、店員さんの前で「あんた 払って!」 なんて いうのもな? まあ せっかく本人が自信ありそうだから、一丁やってみるか!!

店に入りお膳を持ち、ずらりと並んでいるオカズの前のカウンターを滑りながら、気に入ったお皿を取っていく。いつも取り過ぎて
「一皿返しなさい!」 といわれている息子が、心なしか吟味しながら取っている。
最後のレジ前で財布取りだし、勘定・・1640円。

おごってやる!と言ってから、勘定まで先にたって歩き、一人で出来た。 前進だ? 

ゆっくり食事、20分ほど歩き帰宅。小遣い帳と日記の書き込みをしている。
「1640円で残金があってる。えー○○めし屋で えーカツ食べたな? 私のおごりだ?」 
「誰と?」
「ウム?? おねえちゃんかなー?・・・いや・・おかあちゃん?」

いつも3つ目位から記憶が怪しくなるのに、ずいぶん思い出したと喜んでいたら、
肝心のところが・・・(コラッ!!)
息子の生活 | コメント(4) | page top↑
一泊二日 留守番

2007/09/25(火)

息子、今 術後4年11ヶ月、

リハビリ病院で一ヶ月前、先生との会話。
「今 生活で困っている事は? どうですか?」
「実は9月中旬に所用があり、日帰りしようか、一泊しようか迷っているのですが?」
「いい機会じゃないですか、まだ日にちもあるし予定組んでやってみましょう」
今までも一食用意しておけば、半日の留守番位は出来るようになったが、泊まりの留守番はまだしたことがない。
「大丈夫 まかしといて!」 これはいつもの口癖。
本人は平気だが、こちらの不安をなんとかしなければ・・・
先生に背中押されて息子のリハビリというより、私の子離れだーと決意?する。

次の日曜日の昼食。
「今日はひとりで留守番だと思って、お昼作って食べて!
冷蔵庫にチンすれば食べれるおかずが、アレコレあるから!」
「うん」・・・心もとなげな表情のとうり すぐ
「わからーん 出来んー」 とわめく。

「じゃあ 冷蔵庫のパットのハヤシをチンしてご飯にかけて、ハヤシライスにしたら?」・・(好物なのでしょっちゅう作っている)
わざと言葉だけで指示してみる。しばらくして
「ご飯どこだー?」
「炊飯器!」 「炊飯器どこー?」 完全にパニクッテイル!!
「さあ 一人だったらどうする? お腹空いてきたね?」
隣の部屋で家事しながら、知らん顔。 
やがて毎朝一人で用意する朝食を作り(じゃこチーズのトースト、納豆に葱いれ、ヨーグルト、コーヒー)ぼそぼそ食べている。
なるほど 餓死の心配はまあないか? サラダと果物追加サービスする。

退院して直ぐ 起床?就寝まで一日の予定表のノートを作り、一つ一つチェックしながら行動してきた。今、やはり自分で作り、続けている。
この予定表を一日分更にくわしく書く。
(散歩にはカギをかける場所を追加。食事の手順は炊事場に書き、寝る前にカギと火の確認。など)
これもリハーサル2回ぐらいしたかな??・・考えればしていないことが多すぎる。

予定表をリハビリの先生に見てもらったりして、次の日曜日。
お昼はうな丼(焼いたうなぎを切り、ラップしてチン、ご飯にのせる)
夜はハヤシライス(パット入りをチン、ご飯にかける)
一人のつもりで・・と一人分リハーサル。
説明書さえあれば落着いてできた。 いつも炊事は好きで毎食手伝っている。なんとかなるか?と、ほっと一安心。。。

出発の前夜、鍋いっぱいのハヤシライスの夕食。翌朝はいつもの息子の朝食、私は7時半出発。
息子は昼は鰻丼、夜ハヤシ、二日目の朝はいつもの朝食、私は13時に帰るので、お腹空いたら又ハヤシ食べる??・・・と。果物、サラダ、野菜の煮物、魚(干物、好物でいつも自分で焼くのだが、食べていなかった) 全部日付、朝昼夜とパットに書く。う?ん 3日続けてハヤシか? ちょっと可哀そうだがしかたがない。

ヘルパーさんについ話したところ、夕方5時、覗いてみましょうとありがたい話。何かあれば携帯で近くの親戚に頼むつもりだったが、ほんとに心強い。

出先から何回か電話する。幸い何事も無し。私も予定どうり13時帰宅。
「お帰りー」いつもどうり、明るい声。
息子は用意したケーキのおやつは残し、3日続けてのハヤシライスの方がよっかったよう。案ずるより生むが易しだ。

大丈夫と思いながら、なんとなくヒヤヒヤした一日半だった。
息子の親離れに安心したような、物足りなく寂しいような?。。。。。

それにしても、もう少しチンしなくてもすむように、努力しなくては,,,,,,う??ん!!
息子の生活 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。