スポンサーサイト

--/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
リハビリ病院 続

2006/07/15(土)

闘病日記 (5)

介添えの要る人の部屋から、介添えの要らない8人部屋に移る(4階)。いずれにしても高次脳は息子だけ。先生も看護師さんも手探りのようだ。

3月10日(術後5ヶ月)
週に2回ずつ機能、言語、作業のリハビリ受ける。
歩けるのがうれしいらしく、すぐ疲れるが自分から歩くと言い出す。
5階の休憩室で膝の軽いスクワット、歩行練習。

病室で名前、住所、生年月日、年齢は毎日練習。日記は言語リハの宿題。
雨さえ降らなければ車椅子で散歩。ベンチに腰掛け、声出し本読み、ゲーム等々。
夕食まで外で過ごす。

3月14日
やっと私が同行を条件に、歩行許可がおりる。
4階の病室から1階リハビリ室にエレベーターで何回も往復。やはり疲れるよう。少しずつ少しずつなれなければ・・・

会話も、相手の言葉を間髪をいれず繰り返す、オオム返しの癖もこの2,3日はひどい。
・・・言語リハの先生「オオム返しはやはり状態が重たいですね?」 
いまさら言われてガックリ。。。。  今までがなかなか物が言えず、口数が多くなっただけでもよしとしよう。

3月19日
ベットが8人部屋の一番奥にあり、トイレ、洗面所は表示があるから行けるが、帰りの部屋の入り口、自分のベットがどこか分からない。
看護師さんが綺麗な折り紙の傘を、2箇所に目立つように吊り下げてくださる。
まだ一人では歩けない。私が常に一緒に歩き、洗面所でもトイレでもその手順を教えなければ出来ない。病院側もまわりの患者さんも事情が分かってきて、随分助けていただくようになった。

3月24日 
病院横に広い松林の公園があり、松かさをボール代わりにキャッチボール。
手首きかず遠くに飛ばない。でもうれしくてしばらく遊ぶ。脚も少しずつ強くなってきた。

3月29日
なんでもない事にすぐ「ゴメンナサイ」という。自分がヘマして迷惑かけているのが分かってきたような・・・
3日ほど旅行した友人が、前後に見舞いに来て、歩き方、顔の表情、会話が3日間でも、随分しっかりしたと喜んでくれる。

記憶は相変わらずだが、会話の反応もよく、言葉も多くなった。
スポンサーサイト

テーマ:ほんのちょっとでも前進! - ジャンル:心と身体

闘病日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<リハビリ病院 春 | ホーム | リハビリ病院>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://jintyou.blog63.fc2.com/tb.php/35-d60f6917
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。