スポンサーサイト

--/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
葬式に行く

2009/08/08(土)

古い友達で、ここ10年ばかり 思い出したように電話しあっていた友達が、亡くなった。3年位は認知症も進み、しっかりしたあの人がね?と噂していたら、昨日97歳で亡くなった。

いつも青空も抜けるような大声で笑い、明るくて陽気、いつまでも若々しい人だった。ちょうど親子ほども違うのに、おかまいなしの付き合いで、時には年下のように可愛らしい人だった。

お葬式と聞いても若い時のように、全く生まれる前の無に帰るとは思わなくなったな?。あの人も此の人も逝き、賑やかに謡などうたっているのかな?などと。三途の川も短くなり、彼岸も世間話になり、隣町ほどに身近になったな?・・・と。時間を待ちながら、とりとめもなく思ってみる。

後ろの席から「死ぬことなど ちぃーっとも恐ろしい事はありませんわァ!胃に2つ3つ出来ていて、これから検査ですが、他の人と違って笑って死ねますわァ!」・・・老年の男の声・・用意万端死を待つばかりなのか、葬儀場で人に宣言しなければならぬほど小心者なのか? 

やがて定刻5分前 葬儀場の若い女の人が、故人がいかに生前陽気で、力いっぱい元気に生きた人だったか、・・・紹介のナレーションが入る。 内容とはうらはらに、しめやかに、消え入るような低い声で。ドバーーといっぺんに隅から隅まで葬儀色の鉛色に覆われた。

う?ん 女の人の作り物の声色も、鉛色の雰囲気も、いやだなー?
彼女は喜んでくれるでしょうか? (ビフォーアフターの声色で聞いてみる)
「またケチつける! ウルサイことはいわないの! ハッハッハッハ?」 壇上の彼女笑ってる。
私の時は声明の大合唱か、謡の「江口」もいいな?、(テープで結構!)娑婆の経歴は無しで、ひたすら無事彼岸に着けるよう祈ってもらいたい。地獄極楽は閻魔さまの匙加減、祈っても仕方あるまい。

葬儀が始まった。壇家寺の和尚さんと副の和尚さん入場。なぜか副の和尚さんの前だけマイクが立っていて、和尚さんが動かれるたびに、お経が飛び跳ねたりうねったりしている。少々の悪声はいいが、どうも発音が下品なのはいかん! お寺さんの声は、夢うつつの中に、極楽行きを予感させるようであってもらいたい。・・・なんて・・私のうちのお寺さんは大変な美声で、知らぬ間に来世に引きずり込まれそうな・・・変な自慢?

まあ 今日の仏は和尚の声がどうあろうと、私達がなに話そうと、何の迷いもなくまっすぐに極楽に行くのだろう! お願い!隣の席予約しといて?? 気が向いたら行きますから??

(声も電話も届かない所に行ったんだね??)
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:心と身体

暮らし | コメント(0) | page top↑
<<作業所祭り   | ホーム | 通所手段 歩いて? 車?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。