スポンサーサイト

--/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
初詣 貸切

2008/01/03(木)

正月2日、

大きな神社の初詣は、渋滞を思うととても行けない。
我が家の初詣は、例年主人のお墓参り。
仏様のお正月は4日だと聞くが、こちらの都合で毎年元日か、2日。
どこも新しい花をいれ、すみずみまで塵ひとつない。雪がちらちらしてきた。
誰もいない静かな墓地は、すがすがしい。

午後5時になっていたが、毎年お参りする、街外れの神社に初詣に行く。
さして大きくはないが、こじんまりと樹木に囲まれた、いい神社である。

鳥居あたりのライトは消え、参拝客の姿はなく・・・
「もう終わったのかな?」 いつものバックミュージック?の春の海も聞こえず、静かでいいね? などと、薄明かりの中石段をのぼって行く。

拝殿が見える。こうこうと明かりがつき、神主さんか? 人影がちらちらしている。
急に鳴り出した。 デデンデンデン デンツクツクツク デンデンツクツク・・・・  太鼓だ?
こちらの人影が分かったのか知らん。。。。

賽銭をいれ、鈴を鳴らし柏手、参拝。 かたわらにお守りやら破魔矢が、立てかけてある。
『料金は賽銭箱にお入れください』 の添え書き。
「破魔矢がいいね? 1500円の1つ頂こうかね?」
息子が靴を脱ぎ、箱の中のぞきこむ。 太鼓がやみ神主さん
「大きいのが売り切れて、1000円のだけになってしまってますな?」 と。
「じゃあ それを下さい。 どうぞ今年もよろしくお願いします」
「いや こちらこそ こちらこそ」

なにやら優しい神様に、お願いしたような微妙な気分。

太鼓を聴きながら、社(やしろ)をぐるりと1周。
リズムといい、強弱といい・・・いやぁー うまいな?上手だな?と息子と二人。
初詣の貸切だ? 背中に楽しい太鼓を聴きながら、石段を下りる。

私達だけの太鼓サービス、余計にうれしく、ありがたく、今年は良い事ありそうな・・・


気ままに続き

1000円の破魔矢頂いて
「すみません お釣り4000円くださ?い」・・・神さんにお釣り請求? 
デデン デンデン・・手を止めて 「はい はーい、 お参りの印に これもどうぞ。 今帰り支度してた所なんで。。。」  デンツク デンツク デンデンツクツク・・

頂いたのは封筒サイズの白い袋。
表書に『御神饌』(ごしんせん)・・・神にお供えする食べ物の意。
裏に『願い事や祝福の言葉を唱えて、お召し上がりください』 と注意書き?
中には『開運招福 長寿梅茶』と書いた粉茶3パックが入っている。
パックの裏に飲み方と共に『開運の言葉・・何事も喜ぶ心に福はより来る』

一昨年は前からの習慣通り、お神酒の入った徳利(瓶子・・へいじ?)と、かわらけ(土器の杯)が用意され、お正月の挨拶をしながら頂いたものだった。
昨年は、用意されていたが、大きく『運転の方はご遠慮下さい』 と書かれており、近寄らないで淋しく帰ったのだった。
今年はお酒は当然一切なし。梅茶に開運託して、願い事唱えながら飲め! と?
なんかセコクないか?? 昨今の交通事情もモラル低下も分かるが、これが正月文化としてこれから続くんだろうか? 『お正月には初詣にお茶いただいて・・』 と新しい習慣が生まれるのだろうか?
 う?????ん???  お茶に頼る未練もやめたほうがいい。。。

ほんと 面白い上手な太鼓を背に、石段をおりながら、今年は琴の音がしなくていいなぁ?。どう聞いても似合わない。
石段降りきり、太鼓止む。 もう お帰りかな?
チャーン チャカチャカ チャカチャーン ・・・オォー やっぱり『春の海』!! 鳥居のスピーカーが接待交代だ?? 鳥居をくぐる。 ブツ テープ切る音!! 接待終り・・・神社も大変だねぇー 
私達一組のために、ありがとうございました。

駐車場から上がってきた若い人、「ちわ??」 おもわず「こんちゃ??」 とこちら。
神主さん、まだ帰れませんよ、お客さんですよ?
お茶はいいから、上手なお太鼓たっぷり振舞ってあげて下さいよ?
神様も今年一年頑張ってくださいね??  飲んでいないのに酔いが回ってきた??
スポンサーサイト

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:心と身体

暮らし | コメント(0) | page top↑
<<木工細工・蟷螂(とうろう)の斧 | ホーム | 小さな幸運>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。