スポンサーサイト

--/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
老いとメイク

2007/09/29(土)

メイク美容室 5回目

息子のリハビリにと、認知症の入院患者さんにメイクをさせていただいている。
短い時間だがいろいろと考えさせられる。

もう90歳も過ぎておられるような車椅子のお客さん。
脚はまったく歩かれない様子だが、言葉もほとんど声にはならず、わずかにうなづかれるか、何か言いたそうに口を動かされる程度。

もちろん 付いておられる看護師さんの助言介添えがあって、メイクに取りかかる。乳液つけ下地を作り、チーク(頬紅)をぬり、
「眉を引きますね?」 「口紅をぬりますね?」 問いかけてもほとんど反応はない。
髪をちょっとブラシして出来上がり。

「終わりましたけど、どうでしょうか??」
前の大鏡を見て唇が物言いたそうに、もぞもぞと動いている。
「ウム?? なんだろう? 眉かな? 唇かな?」
まわりでアレコレ問いかけるが、はっきり分からない。
色をいろいろお見せしても分からない。

「口紅をちょっと明るい色につけてみましょうか?」 
「これで どうでしょうか?」 じっと鏡を見てやっと少しうなづかれる。
気に入ったのか、これで仕方がないと思われたのか分からないが、表情がなくても、真剣に一生懸命鏡を見て考えられたのは分かる。

スッピンで平気で過ごす私には、ちょっと感動だった。
気の張る人と会う時だけやっと化粧する私。年取って手足が不自由、人まかせの生活の中で、メイクにあれだけの関心が持てるかな??
メイクには興味がありません・・としても人生晩年に、あれだけの緊張感を持てるものがあるかな?・・・たとえほんの一瞬にしても・・・?

人間終りにあまり物事に執着しないようにとも思うが、諦めて、悟りきって?枯れてしまうのもな?? 
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:心と身体

リハビリ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<遠足 砂丘 浦富海岸 | ホーム | 一泊二日 留守番>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://jintyou.blog63.fc2.com/tb.php/109-f4fc4ded
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。