スポンサーサイト

--/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
言葉 「おかあちゃん」

2006/05/03(水)

「おかあちゃん」・・・息子の私への呼びかけ、謎の一つである。
保育園時代は おかあちゃんと呼び,小学校入学でおかあさんとなり、それ以来、おかあちゃんと呼んだ事はない。

発病術後2ヶ月ぐらいから、やっとささやき声が出ても、無気力症で自分からことばは出ず、出ても全く自分の意志で、話す事は出来なかった。こちらから呼びかける一方だった。

声らしい声が出るようになっても、「おはようございます」「ハイハイ」
質問されても間髪をいれず、「分からん!」「知らん!」だけ。
相手からの言葉にも相槌をうつだけ、相手の言葉をオウム返しするだけだった。

三ヶ月位たち 少し目に力が出てきたね?といわれるようになった。
会社の上司の見舞いでは相槌うって話していたのに、帰られると、突然
「もう とても勤務は出来ないな?」「あの仕事はとても続けられないな?」と、全く正気の別人の言葉でビックリ。
又、自分が跡取りを意識するのか、「家を守る事はできないわ?」という。

オムツしながら車椅子でトイレ通いしていた頃、早くしなければの気持ちで手順教えていると、急に
「このクソ女になんで 指図されるのか!? なんで命令されるのか!?」という。正気の顔と声で怒っている。

あの頃にはこんな場面がだんだん多くなり、人間としての意識・心が戻ってくるのかと思ったが、やがて少なくなり、反応も沈静化してきた。

四ヶ月位で、ドクターに「いつもニコニコ多幸的」と言われ、挨拶とハイハイの返事しか出来ないのに、ふと、
「(お母さんは)ようやるわ?? 感謝するし 尊敬するわ??」と例の真顔で言う。
ああ、これからが介護の本番、第二の育児が始まると、実感した瞬間だった。

知らん 分からんと言っていたのが、胸の前で両手をヒラヒラさせながら、
「ナンカ説明できんのだが??」と困った顔で言うようになった。

つい四、五日前の会話;
「お母さんの事は なんていう?」
「おかあさん、おかあちゃん、ママ、はは、おふくろ・・・・」
と普通に考えられる言葉を、並べている。
「じゃあ なんで おかあちゃんって言う?」
「親しみをこめて言ってるんだ」
「ホウー いいこと言うネ??」
「私はお世辞がうまいんダ!」

無理に過去の記憶から言葉を捜していうのではなく、その場その場でタイミングよく答えられるようになった。
もちろん理解できないことは付いていけないが・・・。
やっと少しは人間らしい会話になった。

リハビリの暖かい部屋で、後ろから訓練を聞いていて、ついウトウト。
「おかあちゃん すんだよ! 起きて!!」
大声にビックリーー  
恥ずかしいが こんな声を聞けるなんて夢のようだ。 

ありがたい 感謝 感謝 ヽ(^o^)丿(●^o^●)
スポンサーサイト

テーマ:ほんのちょっとでも前進! - ジャンル:心と身体

息子の生活 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<散歩 | ホーム | 大山(だいせん)バンザイ>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/05/04 16:27】 | #[ 編集] | page top↑
この「言葉・・」を読んでいて、昔の恒平との日々を思い出しました。
考えてみると、ホントにいろんな事がありました。
やりきれないほど悲しいことや、悔しいことが多かったです。
理解者も少なかったですからね。でも、前に向かうしかなかったんです。
今は家族会の多くの仲間がいて心強いです!

できましたら、このページを6月発行の会報に載せさせてください。
【2006/05/05 01:15】 URL | もりたはは #-[ 編集] | page top↑
>四、五日前の会話

ちょっと涙ぐんでしまいました恥ずかしい
自分でもなんでなのかまったくわかんないけど
うれしいというか、なんというかすごく複雑な感情が生まれて結果として涙ぐんでました笑
【2006/05/05 12:46】 URL | こうたろ #L8AeYI2M[ 編集] | page top↑
e-269 もりたははさんへ
読んで頂いてありがとうございます。
お役に立てたらうれしいです。どうぞ使ってください。
会計監査、行事など目白押しで大変ですね。
よろしくお願いします。


v-4 こうたろさんへ
ありがとう、こちらはコメント見て涙ぐんでしまいました
自分の文で共感してもらったことが感動で・・・・
○○の冷や水と言われそうなのを、フンバッテ書いてみます。
これからもよろしく
【2006/05/05 14:18】 URL | ジンチョウゲ #deEdZKuI[ 編集] | page top↑
傍からは見えずとも、息子さんは心の中で葛藤されているのでしょうね。
そんな中で、感じる不平不満は、悪いとは分かっていても、いつも傍らにいる母なのですね。私の入院期間を思い出しました。

「おかあちゃん」、心に響く言葉ですね。
遠い過去の記憶から呼び出した言葉ではなく、回復を象徴してるように思えました。
医師は言わないとは思いますが、私は「必ず回復する」と言いたいです。その回復もジンチョウゲさんの介護があってのこと。応援していますよ!
【2006/07/11 07:57】 URL | nonbo #-[ 編集] | page top↑
e-403 nonboさんへ
ありがとうございました。

もう何もいえません。
  ほんとうに ありがとうございました。m(__)m
【2006/07/11 10:04】 URL | ジンチョウゲ #deEdZKuI[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://jintyou.blog63.fc2.com/tb.php/10-1fc7b1c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。