スポンサーサイト

--/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
花芽はとらないで!

2009/09/25(金)

数年前 友達からいただいたランタナが、霜にも負けず、両手にあまるほどの大株になり、今年もまっ黄色に、まぶしいほどに光り輝く花を咲かせた。夏も終わり、涼風とともにホロホロと花も散りだした。今切り戻しすればもう1回位花が楽しめそうだ。

さあ息子の出番だ。「下に花芽がついてるから、上の花や実は全部切ってね」「いいよ」

左脳を手術、今年10月で満7年が来る。右足が引きずり気味だとは思っていたが、庭仕事を手伝えるようになって腰、足首の関節が固く、しゃがむことが出来ないのにきがついた。ストレッチしても曲がらないなーとは思っていたが・・・
草取りは両足を投げ出して、べたーっと尻もちついた格好でやっているが、10分でやめたーと喚く。
だから庭仕事も 枝切り・・もちろん大きな木はあの枝この枝と指示しなければならない。と、小さな焼却炉での枯れ枝焚き・・詰め込み過ぎて火が消えるとお手上げだが・・・
はじめは私一人の方がマシと思ったが、少しづつ鋏とスコップ使って手伝えるようになった。

リハビリと運動を兼ねてなんとか庭仕事が好きになってもらいたいと、まあ少々私の手抜きしたい気もありまして奮闘しているところですが、何かいい工夫はありませんかね? 教えて下さ??い。

ランタナからつい脱線。「下の花芽はこれだからネ ここから上を切って! 強い木だからだいたいでいいけどね」 「うん うん わかった」 気分よく切っていく。

2,3日してもう下の花芽に赤い色がついてきた。
見ると息子が通りすがりにチョイと手を出して、何かつまんでいる。
虫でもいたのかと思ったのだが。また手を出している。
「アレ 花つんでるのー?」 「うん 」 のんびりした返事!
説明繰り返しても、また花をちぎってしまう。
怒っても「ゴメーン」 といいながら、3回位(一週間ぐらい)繰りかえしてやっと終わった。

花を切り取ったというあまりにも印象深い強い記憶で、抜けるのに時間がかかるのか?反対の「花を咲かす」という記憶に、切り替えるというのが難しいということなのだろうか?

息子の問題行動は、こちらが先回りして気がつかないのが悪いといつも思うのだが、やっぱり今回もテキにしてやられた?? 

いま 元の三分の一は花も戻り、楽しめそうだ。 あんた強いね?ホント! 
スポンサーサイト

テーマ:脳障害、高次脳機能障害、リハビリ - ジャンル:心と身体

息子の生活 | コメント(3) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。