スポンサーサイト

--/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
作業所祭り  

2009/08/25(火)

毎年近郊の作業所が集まり、Tデパートで日曜を挟んで3日間、作業所祭りが開かれる。

8月23日日曜日、5階のフロア ざっと見渡して20か所位の参加かな?
自分の工房で作ったパン、クッキー、可愛らしいインテリアの手芸品から、布ぞうり、革細工から木工品、陶器、植木鉢など展示販売、どこも当事者のなれない店番だが、(職員の方が付添)いずれも長い経験を積んだ玄人はだしの作品だ。

オォー 民謡に合わせて銭太鼓。そろいの真っ赤なハッピで真っ赤な顔して一生懸命!

一方、道具を持ち込んで、ワークショップの形が4店。
牛乳箱の繊維から紙すきの要領で、はがき、名刺、色紙(しきし)などを作り、注文により大きさ印刷などいろいろに承りますという。職員の方の営業もお手のものだ。
またハガキ、色紙に絵手紙の手法で体験させ、手製の色紙掛けに吊るして展示している店もある。

昔ながらの機織り機と、携行できるような簡易機織り器を持ち込み、裂いた古布や毛糸でお客に体験させるが、並べてあるバッグ、マフラーなどはまったくセンスのいい、店の商品だ。

さて 息子の行ってるC作業所、仕事としての清掃作業が終わると、音楽とヤーンアートに自主参加できる。今日、息子はヤーンアートの新米なのに、ワークにかりだされた。色紙にあらく下書きしノリを塗り、色を塗るように毛糸を貼り付けていく。できたら額縁に入れて展示する。先輩の作品が、いいなあ?と思うが値段の入った絵はまだない。

二人づつ担当で作業してるが、お客の質問に適当に答え、指導の先生が来られると張り切って毛糸を貼っている。よく来られる歌手のポートレートのようで、長髪はザンバラ、眉は長く強く一直線、ひんむいた眼はまったく左右不均衡で鋭く前をにらんでいる。
「面白い いいね?」 とほめてもらってご機嫌だ。

「どうぞ やってみませんか??」「えっ 私に?」 機織り器のそばで声をかけられる。
知らないこと、それも無料とあってはすぐに飛びつく習性があり、いそいそと椅子に座る。アクリル毛糸を縦糸に、隣で当事者の方の裂いた古布を横糸に、指示される通りにやれば、ハイ 花瓶敷きの出来上がり?!! いやーたのしい!!
「こっちも どうぞー」 貫禄充分、たぶん私より長生きしてる機織り機、4本のペダルつきだ?。難しそうだぞ? どうぞよろしくー
「いや 地模様が入ると使いますが、平織は2本脚です」 いらぬ心配、100年早い!
両足を交互に動かし、裂いた布地を通し、縦糸のとおっているオサをトントン! リズムよく?
やはりしっかり締まり、60段位で10センチ四方、色は虹色に輝き!

上下の縦糸の始末をして ハイ コースターの出来上がり??!!
場所も息子もどこえやら、ひさしぶりの集中力で いやーたのしい??

あとで聞けば機織り機に糸をかけるまでがたいへんで、目に見えない苦労の工程があるのだとか・・・最後のおいしさだけいただいたわけで、ほんとうにありがとうございました。

花瓶敷きとコースター、先生の作品(これは買った)をおみやげに、足取り軽く・・・・・
作業所祭り、息子の付き添いのはず???
スポンサーサイト

テーマ:ポジティブでいこう! - ジャンル:心と身体

福祉施設・制度 | コメント(2) | page top↑
葬式に行く

2009/08/08(土)

古い友達で、ここ10年ばかり 思い出したように電話しあっていた友達が、亡くなった。3年位は認知症も進み、しっかりしたあの人がね?と噂していたら、昨日97歳で亡くなった。

いつも青空も抜けるような大声で笑い、明るくて陽気、いつまでも若々しい人だった。ちょうど親子ほども違うのに、おかまいなしの付き合いで、時には年下のように可愛らしい人だった。

お葬式と聞いても若い時のように、全く生まれる前の無に帰るとは思わなくなったな?。あの人も此の人も逝き、賑やかに謡などうたっているのかな?などと。三途の川も短くなり、彼岸も世間話になり、隣町ほどに身近になったな?・・・と。時間を待ちながら、とりとめもなく思ってみる。

後ろの席から「死ぬことなど ちぃーっとも恐ろしい事はありませんわァ!胃に2つ3つ出来ていて、これから検査ですが、他の人と違って笑って死ねますわァ!」・・・老年の男の声・・用意万端死を待つばかりなのか、葬儀場で人に宣言しなければならぬほど小心者なのか? 

やがて定刻5分前 葬儀場の若い女の人が、故人がいかに生前陽気で、力いっぱい元気に生きた人だったか、・・・紹介のナレーションが入る。 内容とはうらはらに、しめやかに、消え入るような低い声で。ドバーーといっぺんに隅から隅まで葬儀色の鉛色に覆われた。

う?ん 女の人の作り物の声色も、鉛色の雰囲気も、いやだなー?
彼女は喜んでくれるでしょうか? (ビフォーアフターの声色で聞いてみる)
「またケチつける! ウルサイことはいわないの! ハッハッハッハ?」 壇上の彼女笑ってる。
私の時は声明の大合唱か、謡の「江口」もいいな?、(テープで結構!)娑婆の経歴は無しで、ひたすら無事彼岸に着けるよう祈ってもらいたい。地獄極楽は閻魔さまの匙加減、祈っても仕方あるまい。

葬儀が始まった。壇家寺の和尚さんと副の和尚さん入場。なぜか副の和尚さんの前だけマイクが立っていて、和尚さんが動かれるたびに、お経が飛び跳ねたりうねったりしている。少々の悪声はいいが、どうも発音が下品なのはいかん! お寺さんの声は、夢うつつの中に、極楽行きを予感させるようであってもらいたい。・・・なんて・・私のうちのお寺さんは大変な美声で、知らぬ間に来世に引きずり込まれそうな・・・変な自慢?

まあ 今日の仏は和尚の声がどうあろうと、私達がなに話そうと、何の迷いもなくまっすぐに極楽に行くのだろう! お願い!隣の席予約しといて?? 気が向いたら行きますから??

(声も電話も届かない所に行ったんだね??)

テーマ:ひとりごと - ジャンル:心と身体

暮らし | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。