スポンサーサイト

--/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
映画 『チーム・バチスタの栄光』

2008/02/13(水)

連休なのに、楽しみ何もしなかったなーと、『チームバチスタの栄光』 映画に行く。

少し前、海堂尊著 『ブラックペアン1988』 を読む。
黒表紙に黒いペアン(手術用のハサミの様な止血鉗子)の浮き出した表紙。凝った本だなーと手にとったのが始まりで、引き裂くような切り口を見せる迫力ある文体、しかし恐ろしく緻密で時にコミカルな文体にすっかりハマる。
『螺鈿迷宮』『ナイチンゲールの沈黙』『チームバチスタの栄光』 と、発行順とは逆さに読み、映画になるとの情報に、いつの事かと心待ちにしていた。

さて『チームバチスタ』 本の方。
「不定愁訴外来」の主任医師、田口公平が主人公。出世街道から外れている窓際医師?。
花形外科医師による30例成功のバチスタ手術(心臓外科手術)が、立て続けに3例の術死。
医療ミスとは思えないところから、院長より田口医師に調査依頼がくる。

初めはなんとも心もとない聞き取り調査が、田口医師を狂言回しにして、病院組織、手術の詳細、チームバチスタのキャラが鮮明にあぶりだされてくる。しかし素人の調査としてはここまで。
ここから犯罪追求のプロとして、厚生労働省の調査官白鳥の登場となる。
白鳥の強引な調査で俄然ミステリーの様相をおび、結局麻酔医の殺人が解明される。

映画では主人公田口医師が、竹内結子扮する田口女医。頼りないことはなはだしい。
とても殺人が絡む調査を、院長がこの女医に依頼する設定は無理だ。勤務医の顔と、ソフトボールのピッチャーとして凛とした表情の、あまりの落差にもがっかりだ。

また、小太りのどんなにオシャレしても風采の上がらない白鳥が、大男のイケメン安部寛。
どんなに強引な口きいても憎めない、思慮ある魅力ある白鳥が、イケメンが先にたつだけの男になった。
男と男、男社会のドラマを女と男にし、より映画的に面白くしたのだろうが、性格の描写が不足というか、男女関係の色を入れただけ人間の掘り下げが甘くなった。

ただ、後半の田口女医が目覚めてからの盛り上がりは迫力があり、犯人を追い詰める謎解きは本とは違うが、分かりやすく面白かった。(現実的には別として・・・)

「安部寛はカッコよかったな?」 と息子。詳しい筋は分からなくても、テンポのいい画面の移り変わりが面白かったようだ。
映画は映画として、ぜひ本を読んで欲しい。
『チームバチスタ NO2』を作る話もあるとか、もう少し原作の持つ雰囲気を出せるよう努力して欲しい・・・と思うのだが。。。。
スポンサーサイト

テーマ:日常 - ジャンル:心と身体

暮らし | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。