スポンサーサイト

--/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
老いとメイク

2007/09/29(土)

メイク美容室 5回目

息子のリハビリにと、認知症の入院患者さんにメイクをさせていただいている。
短い時間だがいろいろと考えさせられる。

もう90歳も過ぎておられるような車椅子のお客さん。
脚はまったく歩かれない様子だが、言葉もほとんど声にはならず、わずかにうなづかれるか、何か言いたそうに口を動かされる程度。

もちろん 付いておられる看護師さんの助言介添えがあって、メイクに取りかかる。乳液つけ下地を作り、チーク(頬紅)をぬり、
「眉を引きますね?」 「口紅をぬりますね?」 問いかけてもほとんど反応はない。
髪をちょっとブラシして出来上がり。

「終わりましたけど、どうでしょうか??」
前の大鏡を見て唇が物言いたそうに、もぞもぞと動いている。
「ウム?? なんだろう? 眉かな? 唇かな?」
まわりでアレコレ問いかけるが、はっきり分からない。
色をいろいろお見せしても分からない。

「口紅をちょっと明るい色につけてみましょうか?」 
「これで どうでしょうか?」 じっと鏡を見てやっと少しうなづかれる。
気に入ったのか、これで仕方がないと思われたのか分からないが、表情がなくても、真剣に一生懸命鏡を見て考えられたのは分かる。

スッピンで平気で過ごす私には、ちょっと感動だった。
気の張る人と会う時だけやっと化粧する私。年取って手足が不自由、人まかせの生活の中で、メイクにあれだけの関心が持てるかな??
メイクには興味がありません・・としても人生晩年に、あれだけの緊張感を持てるものがあるかな?・・・たとえほんの一瞬にしても・・・?

人間終りにあまり物事に執着しないようにとも思うが、諦めて、悟りきって?枯れてしまうのもな?? 
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:心と身体

リハビリ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
一泊二日 留守番

2007/09/25(火)

息子、今 術後4年11ヶ月、

リハビリ病院で一ヶ月前、先生との会話。
「今 生活で困っている事は? どうですか?」
「実は9月中旬に所用があり、日帰りしようか、一泊しようか迷っているのですが?」
「いい機会じゃないですか、まだ日にちもあるし予定組んでやってみましょう」
今までも一食用意しておけば、半日の留守番位は出来るようになったが、泊まりの留守番はまだしたことがない。
「大丈夫 まかしといて!」 これはいつもの口癖。
本人は平気だが、こちらの不安をなんとかしなければ・・・
先生に背中押されて息子のリハビリというより、私の子離れだーと決意?する。

次の日曜日の昼食。
「今日はひとりで留守番だと思って、お昼作って食べて!
冷蔵庫にチンすれば食べれるおかずが、アレコレあるから!」
「うん」・・・心もとなげな表情のとうり すぐ
「わからーん 出来んー」 とわめく。

「じゃあ 冷蔵庫のパットのハヤシをチンしてご飯にかけて、ハヤシライスにしたら?」・・(好物なのでしょっちゅう作っている)
わざと言葉だけで指示してみる。しばらくして
「ご飯どこだー?」
「炊飯器!」 「炊飯器どこー?」 完全にパニクッテイル!!
「さあ 一人だったらどうする? お腹空いてきたね?」
隣の部屋で家事しながら、知らん顔。 
やがて毎朝一人で用意する朝食を作り(じゃこチーズのトースト、納豆に葱いれ、ヨーグルト、コーヒー)ぼそぼそ食べている。
なるほど 餓死の心配はまあないか? サラダと果物追加サービスする。

退院して直ぐ 起床?就寝まで一日の予定表のノートを作り、一つ一つチェックしながら行動してきた。今、やはり自分で作り、続けている。
この予定表を一日分更にくわしく書く。
(散歩にはカギをかける場所を追加。食事の手順は炊事場に書き、寝る前にカギと火の確認。など)
これもリハーサル2回ぐらいしたかな??・・考えればしていないことが多すぎる。

予定表をリハビリの先生に見てもらったりして、次の日曜日。
お昼はうな丼(焼いたうなぎを切り、ラップしてチン、ご飯にのせる)
夜はハヤシライス(パット入りをチン、ご飯にかける)
一人のつもりで・・と一人分リハーサル。
説明書さえあれば落着いてできた。 いつも炊事は好きで毎食手伝っている。なんとかなるか?と、ほっと一安心。。。

出発の前夜、鍋いっぱいのハヤシライスの夕食。翌朝はいつもの息子の朝食、私は7時半出発。
息子は昼は鰻丼、夜ハヤシ、二日目の朝はいつもの朝食、私は13時に帰るので、お腹空いたら又ハヤシ食べる??・・・と。果物、サラダ、野菜の煮物、魚(干物、好物でいつも自分で焼くのだが、食べていなかった) 全部日付、朝昼夜とパットに書く。う?ん 3日続けてハヤシか? ちょっと可哀そうだがしかたがない。

ヘルパーさんについ話したところ、夕方5時、覗いてみましょうとありがたい話。何かあれば携帯で近くの親戚に頼むつもりだったが、ほんとに心強い。

出先から何回か電話する。幸い何事も無し。私も予定どうり13時帰宅。
「お帰りー」いつもどうり、明るい声。
息子は用意したケーキのおやつは残し、3日続けてのハヤシライスの方がよっかったよう。案ずるより生むが易しだ。

大丈夫と思いながら、なんとなくヒヤヒヤした一日半だった。
息子の親離れに安心したような、物足りなく寂しいような?。。。。。

それにしても、もう少しチンしなくてもすむように、努力しなくては,,,,,,う??ん!!
息子の生活 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。