スポンサーサイト

--/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
メモが出来ない!

2007/07/24(火)

発病以来4年9か月、全体的に少しづつ出来るようになったが、記憶障害の代償方法としてのメモ書きが、なかなか出来ない。

リハビリ訓練として毎日日記を書くように指示されているが、一日の終りでは勿論思い出すことが出来ない。休日家にいて声掛けすればなんとかなるが、作業所で仕事の区切りに自分でメモが出来ず、おおまかな所を思い出して書くのがやっとだ。

先日の家族会で、「サークルエコー」の会報よりの抜粋、首都大学東京・渡邊修教授のお話、
『理解することが回復へつながる』を読む。二三点要約して。

『記憶には「言語的(言葉で憶える)記憶」と「体で憶える記憶」とがあり、記憶する方法が違うので、自分の得意な記憶方法を身につけるようにする。
日本の人口は何人だという「言語的な記憶」はメモ帳、促し、手掛かりなどの代償手段を身につける。

「体で憶える記憶」は失敗しない工夫が必要です。それは言葉での学習が不得手の人は、失敗した時、言葉で正しく直そうと思っても、一時的で、効果がないからです。又失敗を体で憶えることになり、それを繰り返すということになります。失敗させないために最初から答えを教えるのも一つの方法です。

「誤りをさせない学習法」(高次脳機能障害ポケットマニアルより)
いろいろの代償手段を身につける時、試行錯誤して訓練すると、(どれがいいか判断がつかないので)逆に誤りが強化されて、それが繰り返されてしまう。
本人が訓練を憶えていなくても、正しい訓練を繰り返し練習することで、無意識的に改善につながる

また「サークルエコー」会報から。
注意集中力は他の機能の基盤となっており、これを鍛える事により、他の機能の能力をあげる起爆剤となるのです。

注意力を鍛えるためのリハビリは、どんな方法でもいいが、
日常生活にどのように役立つか、リアリティある訓練であること。
歩けないとか、憶えられない、の症状にこだわらず、歩行器がある、メモがある、カレンダー、地図、あらゆる環境を整えることによって、とにかくゴールすることを考える。
ゴールを明確にすることが大切です。そして楽しく進めること。

すべてのリハビリの基本は環境調整です。分かりやすい、生活しやすい環境を整える、これなくしてリハビリの成果は得られません。』

「メモが出来るようにはどうしたらいいか?」
憶えることが出来ない、メモ取ることができない、とこだわり、いつも目の前しか見ていなかった私に、まことにドンピシャリの明解な答え。
ちょっと感激! 
すこし肩の力が抜け、気分に余裕ができた感じがする。

実際息子の場合、日記を書くためのメモは忘れるが、自分のための買い物のメモは直ぐ書けるし、買うまでメモを握りしめている。
(もっとも日記に書くときはメモを見ることを忘れるが、自分の大切な事は、声掛けで比較的たやすく内容を思い出すことが出来る。)

単に言葉で訓練するのではなく、リアリティのある目的をもって、はっきり目に見えるゴールを目指して!
初めは手助けしても、間違えないように体験を重ねて行けば、体が憶えてゆく。
今まで何となく何回も経験していることだが、私の頭の中で整理できてきたようだ。少しの余裕と自信をもって見守ることができそうだ。

「サークルエコー」のサイトに行ってみる。
http://www.circle-echo.com/mainflame.htm
高次脳機能障害のなかの主に、低酸素脳症の会員の方のグループである。
厳しい条件の会員の方が多く、上記の会報にしても、サイト内の記事、文献などを拝見しても、私がいかに今まで甘い考えで、甘い看護だったかを思い知らされた。 
と同時に、高次脳機能障害の方と話していて、多少違和感を覚えていた症状が、ぴったり当てはまる所も多く、あーそうだったかとやっと納得、地に足がついた思いだ。
これから少しは視野広く、深く見れるような気はするのだが・・
スポンサーサイト
リハビリ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
レジ術?

2007/07/10(火)

息子を作業所に送って近くの激安スーパーに、週に一度の買出しに行く。

朝9時半 広い店内さすがにお客は少なく、カートでゆっくり買い物。
レジが10ヵ所ぐらいは開いていたが、お客の数に合わせてレジが開くわけで、みな4,5人の列ができていた。

さーて どこが早いか?
レジの素早い人にはお客の行列が長いし、並んでる人数が少なくてもカートに山積みだし・・・結局最後まで歩いて、男の人は買い物少なそうだな?と、並ぶ。
私などの考えは、せいぜいここいらまで・・・。

その時 隣のレジに二人連れ現れ・・・ウム?開いてないレジに並んでどうするの? 私の品物打ってるレジ係りにおっしゃいましたね!!
「おねぇちゃん ここのレジ呼んで!!」

頭のテッペンに茶髪のだんごをのせ、きついメガネ、黄色いエプロン、痩せぎすの50代かなー?お供一人従えて堂々とおっしゃったのだ!!
オーッ まわりは皆目がテン、度肝抜かれて固まってしまった。

その時 指名されたレジのおねえちゃん、つかず騒がずゆったりと電話取り上げ、小声で交渉、おばちゃんに背を向けレジ打ちながら、
「今きますから」 一言。

背伸びしながら右見て左見てしていたが、まだこない。。。なかなか来ない。。。
「今 来るって言ったー?」 イライラしてる。
落ち着いて返事の一言。「歩いて来ますから?」 だって・・・

車で来るわけもなかろうが、「急いできますからー」 とか
「すみません」 とかは一切なし。さすが??拍手!!(心の中で)

つり銭の箱を抱えた、赤い制服のレジのおねえちゃん、別に急ぐでもなく歩いて現れ、明るい声で「お待たせしました?」

この場面何分? 短いような長いような。
しかしあのオバチャン堂々たる貫禄だったね? 同じこと私がしても「後ろに並んでください!」 怒られるのがせいぜいだろう。
「お客が多いんだーレジもっと増やせー!」・・・の気持ち??
気合入ってたな?  ごもっとも! 最敬礼!!

呆れていたのが帰り道では一人笑ってしまう。
ほんと 人間これだから面白い!! 人間これだからやっていける!!
暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
『石見銀山』 に思う

2007/07/04(水)

『石見銀山 世界遺産に逆転確定・・・』 新聞に字が躍っている。
 おめでとうございます。

今春3月31日 息子と一緒に、作業所の遠足で行ったことを思い出した。銀山の詳細はくわしく報道されているので、私なりに感じた事を二つ三つ。

出雲の島根ワイナリーで昼食、満開の桜を楽しみながらバスで1時間半、石見銀山に着く。
今 世界遺産の審査があるということで町のあちこちが工事中、畑の中にムシロを敷いて通路にしたり、テンヤワンヤの様相だった。

しかし 江戸時代にタイムスリップしたような町並み、間歩(まぶ・・・銀山の坑道)までの川のせせらぎと降り注ぐような深い緑の遊歩道、体にしみとおる感覚で忘れられない。

そして一番驚いたことは、畑の中の足元にも、遊歩道の草の中にも、町並の屋敷の塀の下にも、咲いていたのは可愛らしいシロバナタンポポだった!!。
「エェッー! おなつかしや!! 生きてたのか??」

帰るまでに二輪ほどセイヨウタンポポ(黄色)を見たが、後は全部シロバナだった。

もちろん私の子供の頃はシロバナは珍しくはなかったが、気がついてみるといつの間にか全部キイロ。私の二人の子供はシロバナは全く見たこともないと言う。

黄色いセイヨウタンポポが侵入してから、在来種のシロバナはたちまち追いやられてしまったようだ。

世界遺産はほんとに結構なことで近隣の者としては誇りに思うのだが、あの狭い山あいの遊歩道は、押しかける観光客でどうなるのだろう。
そして あちこちに咲いていたシロバナタンポポは黄色になってしまうのだろうか?

そして何よりも物珍しさのブームで終わる様なことがありませんように、祈るばかりです。

追記
石見銀山の帰り、大田から20分ほどの三瓶小豆原(さんべあずきはら)埋没公園に行く。
ここは3500年前縄文時代に、三瓶山の噴火で埋没した巨木を掘り出し、その場所でその姿でドームの中に展示してあるものです。
だから緑の広場には入り口と出口だけが見え、ドームはほとんど地下に埋まっているわけです。

直径1.8メートルの巨木が薄暗いドームの中で、何本も立って(最長の樹で12.5メートル) 3500年! 生きていた年輪が636年!!
凄い! 圧倒されます。 ぜひ立ち寄って見てください。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:心と身体

暮らし | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。