スポンサーサイト

--/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
無気力症

2007/01/10(水)

平成19年1月10日

お正月休みから連休と、なんとなくダラダラと過ごしてしまった。
少々風邪気味なのと、風邪声は音声入力、全く役立たずで・・(→弁解もいいとこ)

息子は今日、今年初めて1日勤めの作業所に行く。
考えてみると去年1年皆様のお陰で、本当にアレコレ出来るようになった。
朝6時半起床。朝食を作り身の回りの持ち物を整え、バスで作業所へ行く。
ひとり行くのが全く心配がなくなった。

正月休み連休と、朝早く1人で散歩に出かける。たまに私が一緒に付いていくと、ドーナツ屋の前で、
「おごるから食べていこうか」などという。

去年いつのころからか会話がはっきりしてくると、積極的に自分の意志が出るようになった。
出来ることは自分でやり、分からなくても何かと手伝ってくれるようになった。
もはや無気力症とはいえない。

考えてみるとぼーとした状態の時 、意欲さえ出れば何とか意識が出るのにと思ったものだった。
しかし意欲とか積極性とかは、少しでも自分に自信ができ、周りのことが分かってきて出てくるもの。
意識して手足が動き、口が動き少しづつ情感が働くようになって、やっと総合して意欲が動き出すように思う。

元気な私達にしても、外国で言葉も分からず、周りも分からなければ、一歩も歩けないないだろう。意欲は、時間をかけ少しずつ積み上げたものが形になって出てくるようだ。焦る事はなかったと思う。

息子の体が動きだし、少しでも手伝ってやろうと意欲を持って動いてくると、無気力症は私の方に移ってきた。
私の方からすれば少し気持ちに余裕ができ、なんとなく張り詰めた緊張が切れ、怠け癖がついてしまった。
山ほどすることがあるのに。年寄りに安心は禁物だ。
油断すると病気の芽がでそうだ。
今度は息子の世話にならないよう、こちらが頑張らなければ。
スポンサーサイト

テーマ:ほんのちょっとでも前進! - ジャンル:心と身体

息子の生活 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。