スポンサーサイト

--/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
来た! オレオレ!

2006/11/16(木)

平成18年11月15日

「お母さん これ何かなあ??」
主人の都合で帰省中の娘が、妙な顔をして郵便箱から1枚の葉書をつまんでくる。息子の宛名だ。「わからん!」と息子はひと声。 

民事訴訟特別通知書?原告側から告訴状?・・・この通知書で連絡なき時には不動産差し押さえ・・エーッ! 物騒な言葉が並んでいる。
原告からの訴訟、取り下げの相談に応じます。
内容については本人でないと一切お答えできません・・・
最後に取り下げ申請期日・・11月16日・・・明日ではないですか!!
問い合わせ先が 日本財務事務局・・・以下電話番号。

娘は「どうしたんだろう、何だこれ?どうしようか???」隣で少々混乱気味でうろうろしている。
息子はびっくりしてこちらの顔を見ているだけ。
待てよ 今日葉書が来て、明日までということがあるかな??
これ おかしいよ アレッ これオレオレじゃない?

さあ それから財務省だとか、市役所だとか、警察だとか、電話帳をひっくり返したあげく110番電話!!
「あっ そのことなら連絡しないでほっといてください」
「葉書どうしましょう?」
「そんなオレオレが沢山きてるんですよ、捨ててしまってください」・・・随分あっさり。拍子抜けして笑ってしまう。

娘、「あなたはあわてものだから気をつけてね!」早速主人に電話。
主人は早速田舎のご両親に、「妙な葉書には気をつけて!」と。
「いやぁ こっちには前に来たよ。すぐ裁判所に電話してオレオレが分かったんだ」
ちょうど家に来た知人に葉書を見せると
「あーこれねぇ うちは何回も来てますよ、裁判所警察税務署」
ひょぇ?うちは最後か??・・・

笑い話で終わったが、あの時8年位も前に息子が東京時代、小さな事業していたことがあり、借金でもあったのかとちらっと頭の隅に浮かんだことも事実。
 オーこわー怖い話だ? 考えると とんでもない恐ろしい話だ。
スポンサーサイト

テーマ:日常 - ジャンル:心と身体

暮らし | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。