スポンサーサイト

--/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
一か八か

2006/11/29(水)

平成18年11月25日

今日は若い時からしている趣味の謡・仕舞の大会である。
ご多分にもれず若い人が少なくなり、高齢者ばかりの絶滅品種の会になってしまっている。
まあ 謡・仕舞・囃子・能と、このお稽古は予習復習がいり、ちょっと入り口の敷居が高い。
が、いったん中に入れば、一生つきあいたくなる凄い魅力があるのだが・・・

私も若いときはもちろん自分が好きで入った道だから、一生懸命お稽古して会ともなれば、張り切って舞台に上がった。

たとえば仕舞の飛びかえり・・・体を後ろに回しつつ片足を出して踏み切り、飛び上がりながら回って元の位置に座る・・・の型があるが、力不足でひっくり返るのを覚悟で、薙刀ふりかざしながら、イチかバチかで飛び上がったものだ。

鍛え上げた体操選手でも、何回かに1回しか成功しない技を思い切って本番にやるという、イチかバチかの演技を思えば、自分だってこれ位と、必死で自分をけしかけてやったものである。・・怖いもの知らず?・・

ところが最近はだんだんと先が見え、体力も衰え、脚力の要る強い型は無理、お稽古はただの楽しみとなり、本舞台ともなれば、ホントに賭けのように、イチかバチかのやっつけ仕事になった。
このやり方でなんとか失敗なくできると、ますます本舞台そのものがお稽古いいかげんの、イチかバチかになってしまった。
まったくわれながら呆れた変わりようである。

会が終わると、若い人は一生懸命練習しても「あそこができなかった、ここができなかった」などと反省しきり。
ところが私も含めて高齢者となると、舞台から引き揚げてきて、
「何とかできた。まあまあだ」と満足そう。
自分の失敗にものすごく鈍感。また失敗と認めたくないし、自分をだましていたい様だ。
すぐ忘れるのかな?
体力衰えて失敗しても心の方に響かないように、楽しみを続けて出来るように、まるで神様が心配りをしているようだ。

私にしても、頭で分かっていても体がきかない。辛くて、大会前までは、もう来年はお稽古止めようと本気で思うが、終わったとたんに来年は あーしよう、こーしようと思い巡らすから笑ってしまう。
体力・脚力・そして意志の力、絶望的になったとしても、年をとったということは強いというか鈍いというか、なんともありがたい神様の配慮である。

しかし年をとって力がなくなって、何もできないか? できると思う。
頭の中で若いときには読めなかった、そして描けなかったイメージを、今まで飼い慣らしてきた筋肉を何とか使って、気迫で舞っていく。そんな大先輩(素人玄人を問わず)何人も見てきた。

年取ってのずうずうしさだと思われようが、若い時に出来なかった何かを、自分のものにして表現したいと思う。もう少し私にも出来ることがあるように思う。
頑張ってみるか・・・ちょっと悩むこの頃である。
スポンサーサイト
暮らし | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
忘年会 一泊旅行 亀嵩温泉

2006/11/21(火)

平成18年11月17、18日

作業所恒例の、ちょっと早い忘年会がやってきた。1泊旅行。
島根県の山深い中国山地の亀嵩温泉、小説『砂の器』で有名なところである。
去年は年末25日やはり亀嵩温泉、家のひさしまで埋まる大雪の日に行ったのだが、今年は紅葉の時に行きましょうと、この時期になったのだ。
前夜1泊旅行の話になり、息子は山荘の名前を私より先に思い出したが、私がもっと思い出させようとあれこれ聞くので、

「お母さんの面倒は見るけど、私がハラハラドキドキだ」と息子。
「なんで?なにが?」
「それは秘密だ・・」
「行きたくない?」
「行く! 行く!!」という。やはり不安があるのか?
「私がすぐ近くにいるから 大丈夫だから」
「うん」
先のことを予測することは全く出来ないと思っていたのに、何か感じることがあるらしい。

午前中は作業所の仕事をし、亀嵩温泉『玉峰山荘』のマイクロバスで午後3時出発。一行12人。
山陰道から山道に入るに従って、少し紅葉は早いが、クサハゼの紅葉、風にきらめくススキの穂、白い雲、赤い柿の実、西日の逆光に輝いて、珍しくもないのに旅に出ている心情か、本当にきれいだ。
1時間半走って急に仁多平野が開け、玉峰山のふもと、玉峰山荘に着く。

息子は男の4人部屋、部屋の番号は多分おぼえられない、同室の方によくお願いする。
入浴の後、楽しい宴会。ごちそうは地元で取れた香茸の煮物。仁多米のご飯、おいしーい!。
せっかく本物のワサビが出たのに、大根おろしのようで香りがなかったのが、残念!
この後待ってましたのカラオケ!
半年ぐらい前までは、曲名と音が結びつかず、メモしてやらなければ、自分で歌う曲名がわからなかった。今回は知らん顔をしていると、自分で本をめくり曲名を探してこれを歌うという。
びっくりしてつい「大丈夫?」と聞いてしまう。
多分発病してから初めて歌う曲「ラブイズオーバー」 無難に歌いこなし・・・おーすごい これも少し前進だ!

賑やかにカラオケも終わり、休む前にもうひと風呂と歩いていると、息子の2人連れ。今からお風呂に行くと言いながら、手にタオルを持っていない!
「どうする?」
「お母さん 部屋から持ってきて!」などとのたまう。私のタオルを手渡す。
しかたない まぁ少々の失敗は目をつぶることにしよう。

翌日は山荘を後にして、『交流館酒蔵』で銘酒を試飲したり、昼食に亀嵩駅(今は無人駅で古いまま残してある)で手打ちそば・・・これはおいしかった。
それから湯野神社・・小さな神社だが、鳥居のそばには左に砂は器の記念碑、右の傍らにケヤキの巨木。見上げるように100段ぐらいの石段、両側には立派な杉並木が長く続き、また本格的な屋根付の土俵、とても印象深い神社だった。

去年の大雪のなかの山荘、山も木も家もこんもりと、見渡す限り白一色。
ちらちら雪の舞う露天ぶろ。
早朝 静寂そのものの雪明りの世界に、除雪車の黄色い光だけが、遠くゆっくり動いている幻想的な風景は、忘れることができない。

今年は仁多米のご飯のおいしさ、山荘の玄関先での搗き立てのお餅のおいしさ。そして試飲した辛口の銘酒のおいしさ。この印象は1年間はたっぷり持つことだろう。
福祉施設・制度 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
来た! オレオレ!

2006/11/16(木)

平成18年11月15日

「お母さん これ何かなあ??」
主人の都合で帰省中の娘が、妙な顔をして郵便箱から1枚の葉書をつまんでくる。息子の宛名だ。「わからん!」と息子はひと声。 

民事訴訟特別通知書?原告側から告訴状?・・・この通知書で連絡なき時には不動産差し押さえ・・エーッ! 物騒な言葉が並んでいる。
原告からの訴訟、取り下げの相談に応じます。
内容については本人でないと一切お答えできません・・・
最後に取り下げ申請期日・・11月16日・・・明日ではないですか!!
問い合わせ先が 日本財務事務局・・・以下電話番号。

娘は「どうしたんだろう、何だこれ?どうしようか???」隣で少々混乱気味でうろうろしている。
息子はびっくりしてこちらの顔を見ているだけ。
待てよ 今日葉書が来て、明日までということがあるかな??
これ おかしいよ アレッ これオレオレじゃない?

さあ それから財務省だとか、市役所だとか、警察だとか、電話帳をひっくり返したあげく110番電話!!
「あっ そのことなら連絡しないでほっといてください」
「葉書どうしましょう?」
「そんなオレオレが沢山きてるんですよ、捨ててしまってください」・・・随分あっさり。拍子抜けして笑ってしまう。

娘、「あなたはあわてものだから気をつけてね!」早速主人に電話。
主人は早速田舎のご両親に、「妙な葉書には気をつけて!」と。
「いやぁ こっちには前に来たよ。すぐ裁判所に電話してオレオレが分かったんだ」
ちょうど家に来た知人に葉書を見せると
「あーこれねぇ うちは何回も来てますよ、裁判所警察税務署」
ひょぇ?うちは最後か??・・・

笑い話で終わったが、あの時8年位も前に息子が東京時代、小さな事業していたことがあり、借金でもあったのかとちらっと頭の隅に浮かんだことも事実。
 オーこわー怖い話だ? 考えると とんでもない恐ろしい話だ。

テーマ:日常 - ジャンル:心と身体

暮らし | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
ボウリング 

2006/11/14(火)

最近の日記より

平成18年11月11日
息子の行っている作業所から
「いつも付き合いのあるボランティアの方の御招待で、ボウリング大会があります。お母さんもどうぞ」「ハイハ?イ 行きま?す!」
2回ほど行ったことがあり、ルールもよく分からないが、息子と二人いそいそと参加する。

息子は去年は、ボールを出す足のタイミングはおぼえていたが、膝が曲がらないのと、先のピンを見て投げるのでいつも左にそれ、溝掃除だった。
「右の2番目のスパットを狙って投げたらいいよ!」とアドバイスを受けて
「うん 分かっている 知ってる」という。

去年の息子のボウリングの形を見ていると、理屈は頭がおぼえているし、体は前にしたことがあるな?という動かし方をしているが、頭と筋肉が連動していないのだ。また記憶障害として当然だが、失敗が経験として残らないから、毎回毎回失敗の連続になる。

今年はボウリングが楽しみと言う感じで
「今日はボウリングだ~?!」と何回も日程表を見ていう。
「どこを見て投げる?」と聞いてみる。
「右から2番目(スパット)だ!」 と。

いよいよ本番 二人でチームを組み9チーム?息子とは別組み。
息子は調子がいい。足の運びも去年よりバランス?がいい。
少し右を狙う感じで、前の番に投げる時は7,8本倒れバンザーイ  
後の番になるとやっぱりスペアはむずかしい。
2ゲームめになると集中力切れたのか、左の溝掃除。

私はストライク1こ、スペア3個ぐらい取り、もう少し強い球をなどと欲かいたのがウンのつき、G連続。力んでダメ・・・ハアァ
でも相棒が上手で結局2位。・・・すごいね?
息子のチームは6位。
去年より確実に息子も私も進歩前進・・1投ごとにヤッタ?\(^o^)/

終わって障害者で経営しておられる喫茶で、ケーキとコーヒー。

とてもきれいなレストラン風だが、これも地元の方の好意のリフォームとか。
すばらしいピアノと歌のサービスまで受けて感激!
なにより喫茶店のマネージャー(息子さんが障害者でそこで働いておられる)の苦労話というより、
「これから張り切って一生懸命やります!」との前向きにガンガン突き進んでおられる姿勢に、感銘を受け元気をいただきました。

最後にボウリング大会のプレゼント・・・
ただし奇数位のチームに! 残ねーん (>_<)!!
「一番ドベの9位のチームのかた!」・・・
「オォ ドベでプレゼントだ? 初めてだ?」大喜び・・・
7位、5位、3位、1位 表彰とクッキーのプレゼント。

ご褒美は息子も私も貰いそびれたが、心温まる粋な接待にほのぼのと、とてもいい気分で家路についたことでした。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:心と身体

福祉施設・制度 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
満4年 高次脳専門外来 定期健診

2006/11/09(木)

闘病日記より

平成18年10月30日

今日は平成14年10月に倒れてから満4年。高次脳専門外来を受診する。Dリハビリ病院に通院しだしてから、満2年になる。
先生・・「この頃どうですか?」
息子・・「まあぼちぼちです。こんなもんです」などと言っている。

先生、最近の生活の仕方、あるいは会話の速さ、リハビリの様子など聞いて、昨年よりもずいぶん良くなってますねぇ と言って頂く。

メールの返事にしても、発病2年後退院した頃は、
「はい 元気です」・・・だけ。 次は
「お久しぶりです お元気ですか?・・(書くことな?い!喚いてから)・・さようなら。」 だった。

今日は東京時代の友人からメールが来た。
「元気がなくてボーとしている」の便りに、

「あまり元気じゃない?そんなこといわないでよ!
私は元気だよ!
ルンルン!
枝きりしたり火焚きしたり忙しいのよ!
元気出していきましょう!」・・・なんて 友達言葉で返事が書けるようになった。
去年の定期健診時、息子が無気力で意欲がありませんとの、私の訴えに、
「意欲のないのは、言葉が出ないからかも知れませんね」と先生。
その時は言葉と意欲の関係が、はっきり分からなかった。
一年たった今、少しづつ考えるようになり、会話も多くなって、自分にできる事で、なにしようかと。
少しづつ自信が出来てきて、言葉に比例して意欲が出てきたのがわかる。

年月日は相変わらず分からないし、メモもなかなか書けない。
体調も波があり、負の面を数えればキリがないが、良くなって来てる方を考えると、1年前よりもずっと進む方向が見えてきた気がする。

「そろそろ仕事に向けて訓練したらどうですか?・・・」と先生。
嬉しくて飛び立つ思いだが、あまり有頂天にならずに、ダメもとで新しいことを始めるのもいいかなと・・・

あぁ?神様仏様(こんな時だけ思い出す すみません)
どうぞ 今日がよき記念日となりますように!! ヽ(^o^)丿m(__)m
闘病日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
音声入力とブラインドタッチ

2006/11/04(土)

友人が「音声入力はいいよ?」と。

しゃべる言葉をマイクが拾い、そのままPC画面に文字入力できるソフトである。
ブラインドタッチ(手を見ないで画面を見たままで打ち込むこと)をしようと四苦八苦している私には夢のソフトだ。私も早速入手。

インストールに続き、マイクで私の声を認識、登録。少し時間がかかるが簡単だ。
ウン 出来る出来る! 試しにメールを送ってみる。

(音声入力のまま)
これは全道温泉入浴で書いたものです。
ああはcため息をついたり独り言は言えません全部拾います。
風呂後はブロー後は下書きをしなければ勝てません
共和2通目のメールです
(正しくは)
これは全部音声入力で書いたものです。
ああは・・ため息 c・・言葉の前に必ず吸う息が入ってしまう。
ブログはブログは下書きをしなければ書けません
今日は2通目のメールです

全文がこの調子、翻訳つきのメールで大笑いになる。

話す方がうろうろすると、受け取るパソコンもうろうろ迷って支離滅裂。変換もめちゃくちゃになるが、それ以上にパソコンが必死で考えて文章をつなぐために、より以上にシッチャカメッチャカになる。
あげくに「もう処理できません。かんべんしてください」の意味の泣き言を言う。 ゴメンゴメン 何となく戦う同志の気分。 しばらく待って再挑戦。

少し練習して気がついたことは、しゃべり言葉と、書く言葉が違うことだ。
つい頭の中の言葉を口に出すと、しゃべり言葉が出て、同じようなことをだらだらと二度言ったり、飛躍しすぎたりする。頭の中で、しゃべり言葉を書き言葉に変換して、それを丁寧に文章に出さないと、形にならない。
つまり 口述筆記だと思えばいいのかな?・・・

またある程度文章を続けて言ったほうが、パソコンは拾いやすいようだ。パソコンは前後の言葉から文章を推測するところがあって、単語よりも一節全部しゃべった方がいい。
また拾いやすいようにこちらも滑舌に気を付けて、しっかり言葉を出すように、欠点がはっきりわかって直すようになる。けっこう脳の運動になりそうだな?と。

発声するほうも受け取るパソコンも、両方が探り合いながら学習して、思ったよりも短時間で使えるようになった。
今もこの文章は、音声入力でゆっくり考えながら、一節一節をしゃべっている。

後の仕上げで変換とか改行とか、また校正のつもりで直していく。
だから下書きのある文章とか、本を朗読する場合は本当に簡単、間違いなく速くできる。
ブラインドタッチはなかなか出来ないが、音声入力の方は、私でも何倍も早くできる。近い将来絶対音声入力に変わるだろう、ということはもう間違いない。
要は慣れてくるまでの、あるいは学習するまでの根気が、ほんのちょっと要るということだけだ。

特に高齢者の方には、早めに音声入力に切り替えて慣れてほしい。考えていたよりもずっと易しく、手軽にでき、そして楽しくなる。

メールなどは、話し言葉をそのまま出すわけで、スイスイ調子がいい。
でも方言は、とんでもない間違いをやらかす。 要注意!

テーマ:日常 - ジャンル:心と身体

暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。