スポンサーサイト

--/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
リハビリ 自転車

2006/10/07(土)

リハビリ風景 (3) 生活指導

平成17年4月4日(術後2年6ヶ月)
Dリハビリ病院に通院するようになってから、生活面でもいろいろ指導を受ける様になった。
病前に勤めていた旅館に、リハビリがてら布団あげに通っていたが、往復とも車で送っていた。→ブログ(退院 旅館)
そろそろ自転車通勤ということも考えて、自転車の練習をすることになった。
乗ることは体が憶えているが、目的地まで迷わず行き、決まった自転車置き場に置き、引き返しタイムカードを押し、所属の室に行き、1時間半仕事をし、またタイムカードを押し、自転車で帰ってくることができるかどうか、皆場所が覚えられるかどうか不安だった。
この日から練習を重ねる。

散歩で何回も地図をたどって、その道筋を歩く練習をする。
今日は初めて、地図を自転車のかごに乗せ出発する。私は車で後ろからついて走る。
20分ぐらいの道のりではあるが、車の少ない海岸の道に行く予定が、つい車の多い大通りを行ってしまう。ひとつ大きな交差点を渡ったとたん、方向がわからなくなったらしく、違った方に行ってしまう。私も見失って大慌て。
探してその先で一緒にはなったが、出来るつもりで踏み出した第一歩が計算違い。散歩と自転車では見る目が違うのだ。思うようにならないことを肝に銘じる。私が自転車に乗れると一番いいのだが。
リハビリの先生に相談する。

4月14日
先生のアドバイスで、要所々々先回りして来るのを確認し、自転車での往復は出来るようになった。
今日はリハビリ病院のリハビリの時間を当て、2人の先生が自宅に来られ、本人の身の回りの生活指導。
自転車の往復路の点検、自転車を置くところ、タイムカードの場所、等の確認。要所要所の風景をデジカメで撮り、自転車のハンドルの前につけて走ったらどうかなどと、しっかりアドバイスをいただいて、訓練を終わる。
4月28日
言語のT先生、わざわざ自転車を持ってきていただいて、本人の往復の訓練を見てくださる。

5月14日
自転車の往復には迷わないと思ったが、自転車置き場を間違えたり、タイムカードを押し忘れたり、道に迷ったあげくパンクして引きずりながらやっと家へ帰ったり、いろいろなことがあった。が、今日はもう大丈夫とひとりで行く。
私は先回りして確認。帰りも確認。私の心配もあるが、人に迷惑かけないように。そして何よりも失敗したら、原因は何か?見落としはないか?掴まなければいけない。
この作業を繰り返す。

5月22日
「今日はもう外してもいいわなあー ちょっと自信ないけど」という。「私が車で見てるから外したみたら・・」と。
ハンドルの間の地図をはずして、今日は大成功。ヤッター(^O^)/

50日目でやっと憶えて固定してきた。自転車通勤などいつの事かと思っていたが、こうすれば出来るんだと、私の大きな自信になった。

5月29日
「今日初めてクレームがついた。ピッピッとしなさいと怒られた。今まで優しかったのに初めて怒られた。怒られるようになったんだ。今までお客だったからなー」という。本人は怒られてかえってよかったと、納得している様子。
しっかりしてきた。
言語の先生にはその後も度々来ていただき、1日の予定表、チェックノート、衣類のこと本当に細々と、指導していただく。
勤めには週2日であるが自転車に乗るようになって、随分と張り切り早めに出発、この往復の習慣も定着してきた。

平成17年11月20日
週に2日(土、日)2年間通ったが、不景気の折、会社としてパート部門を切り離し、専門業者に移行することになり、(パートとして時給だった)この際やめてくれと。
「クビか? 仕方ない そういう運命でしょう」と息子の一言。

勤務の仕方が不安定だっただけに、本人が落ち込むことはなかったが、当分散歩道は旅館への道筋になった。行きたい気持ちからではなく、体が習慣として憶えた道筋を、意識からすぐ抜くことは難しいと言う感じだった。惜しい気持ちもないではないが、無理は出来ないと。

何よりのリハビリをしたと 感謝感謝 m(__)mアリガトウゴザイマシタ
スポンサーサイト

テーマ:ほんのちょっとでも前進! - ジャンル:心と身体

リハビリ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。