スポンサーサイト

--/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
健康診断

2006/10/30(月)

平成18年10月28日

年に一度の健康診断で近くのクリニックに出掛けていく。
朝食はなし、採便、採尿すませる。息子は去年はクリニックで手こずったので、朝から取っていく。
採血、心電図、触診、次はいよいよ胃カメラ。

「鼻の方が痛くないから鼻からやりましょう」と。初体験で少々不安。
胃の中の泡を消すためにガスコンドロップ液を飲む。 看護師さん
「鼻は右からがいいですか 左がいいですか?」「エッ??」
一応両方の鼻から息をして見るが 「ウーン 右です」
次に鼻や喉の痛みを麻痺させるために、キシロカインゼリーを鼻から注入する。

いよいよ本番 先生が交代。ソロリソロリとカメラのチューブが入っていく。
前進,,,,,壁があるような,,,,,引いて,,,,,後退,,,,,また前進と。
飛び上がる痛さではないが鈍痛、ひっくり返し、こでくりかえしの繰り返し。
もう済む、もう終わる、これまでだーと我慢、我慢!! (ー_ー)!!

やっと壁乗り越えて、先生余裕が出来たのか
「痛かったら おっしゃってください」
「ウッ・・・・・」 

左鼻の方がよかったのかあ? 私の鼻は左曲がりか??

後は比較的スルッと入り、モニター画面は勿論異常なし。ピンク色の粘膜は綺麗で美しく、神々しくさえ?感じさせたのだった。息子も勿論異常なし。内臓の粘膜は年齢には関係なく、一緒だな?なんて感心したり。

その夜は腫れているのか右の奥歯ではかめず、翌日もまだ固いものは食べれなかった。
去年は口からの胃カメラで、痛みはあまり覚えていないような・・・
それとも喉元過ぎればで、忘れたのかな??
とにかく来年は利き鼻はどちらか、右か?左か?
しっかり見極めてからいくこと!!

一緒に受診した息子「いいや 全然痛くないで?」 と。
アイツ 鼻まで記憶障害か?まてよ 手術後 弱い匂いは全く感じなくなった。鼻の奥の神経は麻痺してるのだろうか? 
アッ 鼻の穴が大きい?
スポンサーサイト

テーマ:日常 - ジャンル:心と身体

暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
映画 明日の記憶

2006/10/26(木)

最近の日記より

映画 『明日の記憶』 公開の日に見そびれていたのがリバイバルでやっていた。おまけに割引で。さっそく二人で行ってみる。
原作は山本周五郎賞を受賞。萩原浩。主演は渡辺謙、樋口可南子。
若年性アルツハイマー患者の映画である。(実話ではない、念のため)

49歳で発病、取引先との待ち合わせに、渋谷で降りたのはいいが、急に自分がどこにいるのか分からなくなる。意識がプツンと切れる瞬間。
急に周囲の景色がぐるぐると回りだし、その渦の中に巻き込まれていく。どこを見ても知らない景色ばかり。恐怖の瞬間だ。
焦った主人公は自分の勤め先に電話し、部下の指示で人ごみの渦の中を走って走って胸も潰れんばかりに走り、やっと目指すビルにたどりつく。
映像が作る最大の効果で圧巻!!圧倒される。自然にわが身に思いはいき、息子も出先でふいに迷子になったら・・・パニックになるだろ!
全く普通の迷子と違うのだと・・・鳥肌立つ思いだった。

息子の少しずつ少しずつの前進をみているのは、それでも希望があるが、これから無に向かって生きていく人を、毎日見ながら看護するのはどんな気持ちだろう。全編で、涙が止まらなかった。

奥さんは何とか症状を遅らせようと、好きな肉食を魚にし、浄水器をつけ、サブリメントを買い込み、あげくに、体につけるとお陰があると言う数珠まで買ってくる。
「人の不幸につけこんで!ふざけやがって!」
と数珠を払った手が夕食の皿まで微塵に砕く。手が勝手に動いた。妻の頬を叩いたかも知れないと思う。背筋が寒くなった。(これは本)

映画ではつまらない愚痴話から口争いになり、不意に向き合った妻の顔がアップになリ、凍りついたまま動かない。やがて額から一筋の血が・・・主人公が我に帰ると右手に焼き物の皿を握っている。

やはり映画ではショッキングな場面がいるのだろう。

50歳で退職し、主人公はほとんど家に引きこもりになるが、介護施設を探し、電車を乗り継いで訪ねていく。
近くに昔焼いたことのある陶芸窯があり、足を延ばしてたずねていく。
現実的にはアルツハイマーの人がメモを作り、それを頼りにこれだけの距離を行く事はむずかしいのだろうが、そこからファンタジーの世界が広がっていく。
緑深い山奥の朽ち果てた廃屋で、認知性の師匠と出会い酒を飲み、芋を食い野焼きを楽しむ。
帰り道 緑あふれる山の中 つり橋にたたずむ迎えに来た奥さんに
「あなた!」と呼びかけられても誰かわからない。
道に迷って呼び止められたとでも思った主人公は
「大丈夫ですか?一緒にいきましょう 私は佐伯です、お名前は?」と。思わず顔を覆って泣く奥さん、しかし次の瞬間きっぱりと顔を上げて
「ハイ 私の名は 枝に実る子と書いて枝実子といいます」
「良い名前ですね」 並んだ二人の後ろ姿が緑の中に吸い込まれていく。
滂沱と流れる涙をどうしようもなかった。

感激の百分の一も書けないが(当然だ!)病気もそして看護も、もっともっと大変な世界があるのを実感し、考えさせられた映画だった。
暮らし | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
わが家の産物

2006/10/22(日)

最近の日記より

キクラゲ
一昨年イチョウが大木になったので2本切り倒した。
太い幹が庭の隅に転がっていたが、ふと見るとキクラゲが生えている。
雨が長引いた時に生えたのだろう、何日も晴天が続き、もう乾物になっている。
おーい 食べられるのかな?? 
調べるとクワ、グミ、ニレ、ナラに生えるのがキクラゲ・・・と。
イチョウのキクラゲなんて書いてない。またイチョウのキクラゲは食べられないとも書いてない。
ヨーシと早速に取って帰り水に戻す。念のため熱湯をかけて線切りにする。少しだけキュウリの一夜漬けに入れてみる。
オーケーなかなかプリプリおいしいではないか!
パック1杯分もあったキクラゲを全部線切りにし佃煮に。待てよ ちょっとパサパサしているかもしれない。ホワイトブナシメジがあったので一緒に佃煮風に煮てみる。  
ご名答!おいしい?? ♪(*^_^*)♪♪

しかし5本あったのに、1本の木にしか生えていない。来年は注意していて5本全部に生やしたいものだ・・などと思いながらホカホカのご飯にそえていただいたのだった。
後日 生姜で佃煮にしてもおいしいとか!・・・来年はこれだ?。

スダチとユズ
裏の庭に1本のスダチの木が生えている。毎年たわわに実をつけて親戚知人に配って歩く。
今年もよく生って、息子がハサミで取っている。

「全部取ったようー 終わったようー」と。
「そんなにたくさん採れた?」 びっくりしてのぞきこむ。
隣にユズの木があるが見分けがつかず、その青い実も全部取ってしまったのだ。
そうかぁ 注意するの忘れてた!
仕方がない!今年は黄色いユズは食べられない。
まあいいかぁ 香りたかいスダチだけで我慢しよう。

わが家の産物 来年もよろしくね??

テーマ:ありがとう - ジャンル:心と身体

暮らし | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
主役は中国?

2006/10/20(金)

最近の日記から

経済学者の和田和幸氏 経済講演 『近未来を読む』
この前日、北朝鮮の核爆発報道があり、もうびっくり。
『近未来を読む』というテーマは以前から決まっており、核爆発とどのように結び付けられるか、興味津々。
和田氏、登壇、第一声「北朝鮮の金日成という将軍さまが・・・」と。
皆の集中力注意力が一遍にハイになり、緊張感あふれるイントロになった。
北朝鮮の行為から巧みに中国との関係に話を持っていき、従来のテーマである近未来の主役は、中国であるという結論に、実に巧みに引き付けられる話であった。
ここでは主役である中国のしたたかなこぼれ話を、二つほど。

9、11のアメリカの貿易ビルの話。
崩壊したビルの膨大ながれきの山の後始末に、アメリカは頭を悩まし、がれきを分析したところ、使ってある鋼鉄は、日本製品で非常に高品質であるという結果が出た。
そこでこれを売ろうとしたがなかなか売れない。
中国に話を持っていったところ、あとでできるビルのテナントに入るという条件で、無料なら引き取ると。募集してもテナントが少なく、やはり中国に無料で頼み込む羽目になった。

日本の新潟中越地震などの大地震の後の仮設住宅が、いまだんだんに不要になり、海外に引き取ってもらっている。中国はもったいないと万里の長城の住宅に使い、これは特に日本人旅行客を目当てにしている。なんと3食ついて女性の給仕がついて10,000円 !
結論として中国の力、発展そして支配力から見て、これからの世界は中国を中心に動くだろう。
20年後には中国語が世界語になるだろう・・・と。

私など身の回りのことが精いっぱいで、20年先のこと???
イヤー 過去10年の事を思えば、20年の変動ありうるか???
エッ おまえさん もういないだろうって?? ウッ ありうるーー!

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

暮らし | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
リハビリ 作業療法テスト

2006/10/18(水)

リハビリ風景 (6)

作業療法の先生が、作業療法のテストの研修を受けてこられたということで、それを試してみたいので協力してもらえないだろうかと。今日がその予定日で少々緊張する。
前回のリハビリの時間に、他の方がやはりテストを受けておられ、課題は服を着ることと、洗濯物を畳むこと。あれくらいなら簡単だがと思っていたのに、リハビリ室に入ると少々お膳立てが違うようだ。
リハビリ室の台所に鍋、食器、パンなどが置いてあり、どうやら料理の実習のようだ。研修を受けてこられたリハビリの先生の説明で、最初はパンにコーヒー、次にインスタントラーメンを作ることになる。

いろいろ説明の中に、使ったものは元に返すこと。ゴミはゴミ箱に。
また今迄使ったことがないヒーターのコンロ。
発病してからインスタントラーメンは、家で作ったことはない。
違った場所でちょっと不安!
それでも説明を受けた後に返事だけは、はい出来まーす と本人威勢が良い。
最初はパンにコーヒー。
鍋に水を入れ、ヒーターのコンロにかける。コーヒーカップにインスタントコーヒーをさじ1杯入れて用意する。パンをトースターに入れてダイヤルを回し焼き始める。沸かしたお湯を加えコーヒーを作り、トーストしたパンを皿にのせ、お盆に乗せて、先生の前に「はい できました」

これは毎朝しているので問題はないと思ったが、トーストにジャムを塗る予定だったのに、家ではいつもチーズを乗せて焼くので、全くジャムを塗ることを忘れている。

次にインスタントラーメン これはちょっと問題! 見ていて不安。
出前一丁の袋の裏の作り方を、一生懸命読んでいる。鍋を用意しお湯を沸かす。ウロウロと丼鉢を探し、中に調味料を開ける。お湯の中にラーメンを入れて箸でほぐして、腕時計で時間を見計らいながら、丼の中にラーメンとお湯を全部注ぎいれ、出来上がり?となる。
お盆に丼と箸をそろえ「お待たせしました?」
先生の前に持っていって、つい笑われる。
ゴミはきちんとごみ箱に。ヒーターを止めた後はもう一度確認をし、使った鍋は水を張って流しに置く。(洗わなくてもいいとのこと)

先生の批評・・・トーストはちょっと焼きが甘いけど、ラーメンは完璧でした。と  本人もうれしそう。
お母さんはどうですかぁーと・・・いつも言っている大切なことをひとつ忘れている。手を洗ったかしらと・・・ああ そうだった。
家でも手洗いは、先のことに気を取られてなかなか出来ない。

思ったより上出来。特にラーメンは、説明書を読んでからその通りにできた。
ヤレヤレ もっとまごつくかと思ったのに、ちょっとビックリ。
うれしい? やったね?
「緊張しったー 疲れったなぁー」と 言いながら本人もご機嫌。
(しかし私が喜んでいる反応を見て、そうかーよかったのかーと思っている程度のようだ)
「よかったよー びっくりしたー じゃあ 夕食おごるかなぁ」

暗くなった道を帰り、ファミリーレストランでカツ丼定食を食べる。
メニューを選んで呼び鈴を押し、注文をし、食べ始める。
たれが二種、おろし大根つき。おねえさんの説明どうりに食べられた。
終わって おしぼりはビニール袋に、箸は箸袋に、食器を重ねコップもお盆に一緒にのせ、・・・上出来! 綺麗に行儀よく!
私のほうがバラバラしている。伝票持ってレジで清算してくれる。

記憶ではなく体が憶えている事は、言っても無駄なのでいつも黙って見ているが、今日は格別の刺激で前進 前進!!

リハビリの訓練が終わってから、協力してくださいとの事で受けたテストだったが、なによりのリハビリ訓練だった。
ありがとうございました。 感謝感謝!! m(__)m

テーマ:ほんのちょっとでも前進! - ジャンル:心と身体

リハビリ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
リハビリ 記憶

2006/10/16(月)

リハビリ風景 (5)

息子の後遺症としての記憶障害の回復に、リハビリの先生は実にいろいろな工夫で、リハビリを楽しくしてくださる。(勿論ペーパーテストのような回復訓練もたくさんしていただきますが、そのまま書くといろいろ問題があり、省いています)

◆トランプ・神経衰弱・・・ 先生と2人でするために、トランプの1?Kまでを2組使ってする(26枚)
その中から裏返したまま1枚取り、トランプの山から外し、中に半端になったトランプ1枚が鬼になるようにする。裏にして残りを全部場に並べ、普通に表に返して2枚ずつ合わせて取っていくが、早く鬼が分かった方が勝ち。分からなければ枚数を多くとった方が勝ちになる。

◆お椀を3コ伏せて、サイコロ1個を中にかくす。お椀を動かしてサイコロがどこにあるか、当てる。
お椀を多くして、どこに入っているか?
サイコロを2個にして どことどこ?
サイコロをブロックにして どんな色が入っていた?
作業の途中で 今日は何月何日? お天気どうでした?お椀に注意が戻ってもわからなくなってしまう。

◆お椀がグレードアップしてパイロン(コーン)・・道路工事に入らないように置いてある赤い三角帽子のようなもの・・勿論それの小型。赤青黄の3色。
20個か30個を机の上に伏せて、中に時計(本人の物)とかサイコロとか隠す。
また机の前に立った本人に、時計の入ったパイロンを確認させてから、目を閉じさせて体をくるりとまわし、方向分からなくしたり、また目を閉じたまま机の場所を異動させて、初めの方向がわからなくしたり。

最も難しいのは、入れた場所を確認させてから目を閉じさせ、秋においしい食べ物は何ですか?果物5つあげてください、などと会話して目をあけたときには、全く場所を憶えていない。
私も隣で見ながら会話の方に注意がいっている間に、分からなくなってしまった。記憶しながら、集中力を他のほうに向けるのは、とても難しい。

◆リハビリ室の地図を書かせ、本人が見ないように隠し、ここに時計隠しましたよ?と地図の上で示し、探させる。
1個の探し物が2個になり、それができると、帰りには入り口の手洗いで手を洗ってきてください、などと指示がだんだん複雑になる。
地図と場所の間を、行ったり来たりしながら捜している間に、先生が地図をくるりと回したりする。もう見当が違ってわからない。

◆私がすることを見て真似をしてくださいと。
先生隣の机に行って封書を一通取り、窓のところへ行ってそれを置き、本棚に触って机に帰ってくる。だんだん複雑に変化する。2つか3つはできるが後はさっぱり分からない。

このような訓練を重ねて、少し体に入ってきたなぁというところまで、何回も何回も繰り返して訓練する。
文章を書くことも 図形を書くことも 体を使って物を探すのも、全部が突き詰めれば大なり小なり記憶障害、遂行障害の訓練ということになるわけで、本当に気の遠くなるような訓練の、積み重ねである。

正直な話、先生方の待って待っての忍耐力を見ているうちに、
気短な私の性格も少し変わってきたような?? 感謝感謝 m(__)m

テーマ:ほんのちょっとでも前進! - ジャンル:心と身体

リハビリ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
散歩寸景 可愛いい子 

2006/10/12(木)

先日 台風の大風の日の散歩。

風もおさまった様で散歩しようか?と。
海はやはり凄い白波水しぶき、吸い込まれそうなうねりを見物気分・・
海から帰路についた途端、
凄い突風にびっくり! まだ台風が居たんだ?
台風に押されてつい入ったコーヒーカフェ。

ハタチ前の男の子2人、向かい合って女の子1人、(隣のテーブル)
女の子 茶色の髪の両側を、ピンとはねあげ、(可愛いいね?)
背の高い細手のコップに入ったジュース飲んでる。(どうやって?)
両手はだらりとテーブルの下にたらし、コップに殆んどかぶさるようにして、突っ込んだストローでチュウチュウ吸ってる。
(どうやって会話をしたか?)
チュウチュウしながら 両目はしっかり2人の男の子をかわるがわる 上目遣いにキロキロ見あげ、そのままでシャベクリ。
さすがに 大声上げて両手たたいて笑う時は、体のけぞって、上向いて 大口開いてた。
両手は ジュースのためには 絶対使わないぞと決めてるようだった。

この風景を私も口開けて見ていたわけで・・・、

ほんとにあの箸が転んでもおかしい年頃(古いの極み!)何してもかわいい! 行儀作法もなんのその! 

でもまあ あのコップ よくぞ最後までひっくり返らなかったことよ!

テーマ:ひとりごと - ジャンル:心と身体

暮らし | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
リハビリ 習字

2006/10/09(月)

リハビリ風景 (4)

息子の通っているリハビリ病院では、老人介護施設の入院とショートステイ、デイケアの施設を併せ持っている。
今 秋の行事に向けてなのか、廊下には患者さんの作品がたくさん張り出されているが、リハビリ作品とは思えない立派さである。
折り紙、ちぎり絵、編み物、写真などが所狭しといっぱい。

なかでも習字。手本を決めないで入居の方が自由に書かれたらしく、見ていくと面白い。

慈悲、ありがとう、・・・年を重ねると、澄み切った気持ちで書けるのだろうか?
長生、心、夢、・・・病院の廊下で見ると、ちょっと違った感慨が・・・

中秋の名月・・・今の季節。月見てなに思い耽って・・・?
松竹梅・・・もしかしてお酒好きな人なの?
美人・・・月に酒に美人と揃い踏み。
王手飛車・・・将棋好きの人かしら。おーあきらかに現世娑婆の人!
志・・・半紙の真ん中に小さく書いてある これだけ・・・わからない!?
子が病んでから殺生止めにする・・・虫一匹殺さない親心?
止まってもいいんだよ また起き上がれば・・ウッ がんばれ!がんばれ!
転んでも起き上がればいいジャン・・・負けん気のおじいちゃん?フレーフレー
(失礼致しました。私もそろそろ彼岸に足がひっかかる年頃で、勝手なこと言ってます)

思えばウン十年、自分の思い 自分の言葉を、自由に筆で書いたことなどあるかしらん?
たまにも筆を握って心を澄まして私も書こうか知らん?

待てよ,,,,半紙に向かってつい書きなれた、御礼 粗品、中元歳暮、御仏前、・・・よーし練習しよう? なんて,,,,,,,やはり止めとこう!

テーマ:ほんのちょっとでも前進! - ジャンル:心と身体

リハビリ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
リハビリ 自転車

2006/10/07(土)

リハビリ風景 (3) 生活指導

平成17年4月4日(術後2年6ヶ月)
Dリハビリ病院に通院するようになってから、生活面でもいろいろ指導を受ける様になった。
病前に勤めていた旅館に、リハビリがてら布団あげに通っていたが、往復とも車で送っていた。→ブログ(退院 旅館)
そろそろ自転車通勤ということも考えて、自転車の練習をすることになった。
乗ることは体が憶えているが、目的地まで迷わず行き、決まった自転車置き場に置き、引き返しタイムカードを押し、所属の室に行き、1時間半仕事をし、またタイムカードを押し、自転車で帰ってくることができるかどうか、皆場所が覚えられるかどうか不安だった。
この日から練習を重ねる。

散歩で何回も地図をたどって、その道筋を歩く練習をする。
今日は初めて、地図を自転車のかごに乗せ出発する。私は車で後ろからついて走る。
20分ぐらいの道のりではあるが、車の少ない海岸の道に行く予定が、つい車の多い大通りを行ってしまう。ひとつ大きな交差点を渡ったとたん、方向がわからなくなったらしく、違った方に行ってしまう。私も見失って大慌て。
探してその先で一緒にはなったが、出来るつもりで踏み出した第一歩が計算違い。散歩と自転車では見る目が違うのだ。思うようにならないことを肝に銘じる。私が自転車に乗れると一番いいのだが。
リハビリの先生に相談する。

4月14日
先生のアドバイスで、要所々々先回りして来るのを確認し、自転車での往復は出来るようになった。
今日はリハビリ病院のリハビリの時間を当て、2人の先生が自宅に来られ、本人の身の回りの生活指導。
自転車の往復路の点検、自転車を置くところ、タイムカードの場所、等の確認。要所要所の風景をデジカメで撮り、自転車のハンドルの前につけて走ったらどうかなどと、しっかりアドバイスをいただいて、訓練を終わる。
4月28日
言語のT先生、わざわざ自転車を持ってきていただいて、本人の往復の訓練を見てくださる。

5月14日
自転車の往復には迷わないと思ったが、自転車置き場を間違えたり、タイムカードを押し忘れたり、道に迷ったあげくパンクして引きずりながらやっと家へ帰ったり、いろいろなことがあった。が、今日はもう大丈夫とひとりで行く。
私は先回りして確認。帰りも確認。私の心配もあるが、人に迷惑かけないように。そして何よりも失敗したら、原因は何か?見落としはないか?掴まなければいけない。
この作業を繰り返す。

5月22日
「今日はもう外してもいいわなあー ちょっと自信ないけど」という。「私が車で見てるから外したみたら・・」と。
ハンドルの間の地図をはずして、今日は大成功。ヤッター(^O^)/

50日目でやっと憶えて固定してきた。自転車通勤などいつの事かと思っていたが、こうすれば出来るんだと、私の大きな自信になった。

5月29日
「今日初めてクレームがついた。ピッピッとしなさいと怒られた。今まで優しかったのに初めて怒られた。怒られるようになったんだ。今までお客だったからなー」という。本人は怒られてかえってよかったと、納得している様子。
しっかりしてきた。
言語の先生にはその後も度々来ていただき、1日の予定表、チェックノート、衣類のこと本当に細々と、指導していただく。
勤めには週2日であるが自転車に乗るようになって、随分と張り切り早めに出発、この往復の習慣も定着してきた。

平成17年11月20日
週に2日(土、日)2年間通ったが、不景気の折、会社としてパート部門を切り離し、専門業者に移行することになり、(パートとして時給だった)この際やめてくれと。
「クビか? 仕方ない そういう運命でしょう」と息子の一言。

勤務の仕方が不安定だっただけに、本人が落ち込むことはなかったが、当分散歩道は旅館への道筋になった。行きたい気持ちからではなく、体が習慣として憶えた道筋を、意識からすぐ抜くことは難しいと言う感じだった。惜しい気持ちもないではないが、無理は出来ないと。

何よりのリハビリをしたと 感謝感謝 m(__)mアリガトウゴザイマシタ

テーマ:ほんのちょっとでも前進! - ジャンル:心と身体

リハビリ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
並木道 色

2006/10/02(月)

町の風景

息子を作業所まで送った帰り、近くの大型スーパーまで足を延ばしてみる。
急に飛び込んできたピンクのノボリ旗。パチンコ屋のノボリだ。
目を突き刺すようなピンクの地に「玉出します」と真っ黒く字が抜いてある。
それが20本ばかり。道に沿って一列に並んで、勢いよく風になびいて翻っている。
確かに目を引くには違いないが、音にしたら不快でびっくりしてひっくり返りそうな大爆発音である。パチンコで 勝ってやるーと闘争心の出る色なのだろうか。

帰宅途中にラーメン屋と焼き肉屋が5,6軒も並んでいる。黄色と赤を基調にして、それに白と青と黒、全部原色で中間色はなし。看板はもとより屋根から壁から全部。
一軒々々個性はなく、いい合わせてこの色にしたとしか思えない。
これまた大爆発である。

並木道を走りながら、見たくないと言っても目に入る。もし音だったら大騒音で大騒ぎになるはずである。騒音がうるさいからと人殺しまである世の中なのに、色彩感覚の騒音はどうしてこう寛大なのだろう。

確かに赤は食欲が増す色彩、黄色は元気が出る色彩とは言われているが、落ち着いた色彩の中にアクセントとしてあってこそ効果があるわけで、5,6軒にわたって爆発音で攻撃されてはかなわない。どうしてみんな落ち着いて車を走らしているのだろう。

たまにもラーメンも食べたいと思うが色だけでごめん被りたい。避けて通る人間もいるのだ。

しかし若い人からラーメンが口に合わなくなって、色まで悪口を言うのだろうといわれるかしらん。
でも整ってきたケヤキの美しい並木道とは絶対に似合わない!!
どうにかしてくれー。\(・へ・)/!!

テーマ:日常 - ジャンル:心と身体

暮らし | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。