スポンサーサイト

--/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
退院 冬

2006/09/01(金)

闘病日記 (19)

平成16年2月9日(術後1年4ヶ月)
術後ちょうど1年で入院生活終わり、リハビリ病院、作業所、布団上げにと精を出す。
息子は介護者がいなければ1日として生活は出来ず、家族二人なのに、私が病気した場合などを考え、デイケア、ショートステイのような施設を当たってみた。
作業所を紹介して頂いたIさんに、やはりお世話になり、精神病院経営のT支援センターに、見学に連れて行って頂く。

40歳からは介護保険で使用できるが、障害者でデイケア、ショートステイなども出来るとのこと。今38歳、ここしか受け入れてくれる所はないだろうと・・・。

広い気持ちのいいホール・・・椅子テーブルも充分にあり、数名の人が将棋したり、手芸したり。
またテレビの前に湯呑み片手に、ビクリとも動かずに座っている人がいたり・・・。
入浴は1日中自由。PC室は別にあり使用は自由。昼食は近くにレストラン、コンビニあり、外出自由。申し分なし。無料。
(最初受付で書類診断書で申し込みし、審査の後、許可が下りればということだが、ハードルは低いらしい。)

要するに 在宅精神障害者用なので、入り口の受付で名前時間など記入して入室すれば、後は時々職員が回って相手する程度で、まったく行動は自由のようだ。

職員の方に一応は記憶障害など、今までの経過を説明するが、気をつけていますから大丈夫といっていただく。

しかし 1ヵ月後 許可が下りたとの連絡があり早速2人でいってみるが、やはり退屈して帰ろう?といいだす。慣れるまでに時間がかかりそうだ。職員の方も40歳まで待って、介護保険が使えるようになってから、また考えてくださいと・・・。今の状態では受け入れられないと。

やはり 私が留守にする場合は、在宅でヘルパーさんに見ていただくと言うことになりそうだ。(これもむずかしい!)

一番家族にとっては考えなければならないことだが、ここらが限度!
家族会の皆にとっても頭を抱え込む問題だ。

2月15日
今日は作業所のボーリング大会。
息子は初めからリズム良く 脚スムースに動く。体が憶えている。
が、かんじんの手首足首がきかず、方向定まらず溝掃除。
まわりから いろいろアドバイス受けても、次投げる時は忘れてしまいまた掃除してる。
でも まあ 楽しそう! 参加してよかった!。

いらぬ事だがついでに報告。
私は生まれて初めてしてストライク2回!! ドウダ(^○^)ヤッター
スポンサーサイト

テーマ:ほんのちょっとでも前進! - ジャンル:心と身体

闘病日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。