スポンサーサイト

--/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
脳トレ パソコンドリル

2006/06/14(水)

本屋で立ち読み、またまた見つけた川島隆太「パソコンドリル」、
つい買ってしまう・・・(好きだな?)¥1980

本文は例によって「老化を防ぎ、前頭前野を活性化するには」の解説があり、
進藤晶子との対談・・・脳のためにパソコンを使うには・・
加えてソフトの入ったCD?ROM(特別版)が1枚。
これは、市販のパソコンソフト「脳力トレーナー」の機能縮小版。
早速インストールしてみる。

単純計算2種、数字の短期記憶テスト、ストループテスト2種、これに成績表(グラフ)が付随する。

ニンテンドーDSと比べてみる。
単純計算・・20問→100問(難易2種)になり、圧倒的に集中力がいる。
左手で数字の1から0まで(ノートパソコン)タッチし、右手でエンターをタッチするので、左手は常に数字の間隔をはかりながら、早く動かさなければならない。

右手を動かすと左の脳が主に働き、左手を動かす時には両方の脳が働くので鍛えることができるのだそうで、たしかに平生あまり使わない左手を、主に使うということは脳に効果がありそうです。

ストループテスト2種・・・20問→100問になり これも集中力。
色の文字ではなく色を答える
文字の大きさではなく大きな数字を答える。

記憶テスト
数字の羅列を短時間におぼえる。

「脳トレ」のパソコン版である「脳力トレーナー」は、これに100マス計算、ひらがな等が加わっているようです。
詳しいことはこちら↓
http://www.interchannel.co.jp/pcsoft/p99905067712.html

使ってみた感じでは、ニンテンドーDSが面白くできており、パソコンドリルは短時間に集中力を高めるのかな、といったところです。
息子はニンテンドーDSしながら、またパソコンドリルも楽しんでいるようです。
ことし3月初版、ちょっと紹介させていただきました。
スポンサーサイト

テーマ:ほんのちょっとでも前進! - ジャンル:心と身体

息子の生活 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。