スポンサーサイト

--/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
ケイタイ訓練

2006/06/02(金)

記憶障害の息子は補助手段として、メモ ケイタイ デジカメ等を使っているが、無気力症でもあり、意欲を持って使うことはなかなか出来ない。ケイタイを使う事にはなんら支障はないので、いつも持ち歩いている。

作業所にバスで行くため
「着いたら電話してよ 心配だから・・・」
「イヤしない 大儀だー」 と
約束しても多分忘れるだろうな? と思ったり、
今は家から電話して着いたのを確認している。

ヘルパーさんと散歩の時、練習だからと
「帰る前に電話して どこにいるか教えて頂戴」 と約束する。 
ちゃんとかかってきたが、ヘルパーさんが
「ここらで電話をしましょうか」 とせかした所
「もうちょっと、場所の説明しやすい所に行きましょう」 と返事したとか・・・(笑)

一人で散歩に行って道に迷っても、電話かけてこないのは、持っていることを忘れたのかと思っていたが、たしかにそれもあるが、何とか帰れると結局、道を探して帰ってきた。
かける必要を感じなかったのではないか?
「練習だからかけて・・・」 といっても、別に必要と思わず、ケイタイの練習だという事を忘れたのではないか?

先日の月曜日、朝から機嫌がいい。
「今日は作業所の帰りに、プールだ??」 と張り切っている。
五月から男のヘルパーさんの付き添いで、週一回プールに通っている。
三時半、もうそろそろ行く頃かなー と思っていると 電話!!

「今から プールに行くからな??」 ケイタイからかけている!!
自分自身でかけようと思い、はじめて自分でかけてきたのだ。
ビックリ!!! 感激***        
今日は忘れられない ケイタイ記念日だ??ヽ(^o^)丿

迷った時の用心とか、困った時の連絡とかに使うとばかり思ったが、
本人はうれしい時に思い出して使ったのだ。

メモするにしても、夜日記に書くために書いたメモは、書いたこと自体忘れてしまっている。
「散歩がてらドーナツ買ってきてよ」 と頼むと、二つ返事で引き受け、一生懸命メモし、忘れないようにメモ握りしめ、無事に買って帰る。

記憶のため、効率のいい練習をするには、どうしたらいいか?
少し方向違うのかな? よく考えなければ・・・
スポンサーサイト

テーマ:ちいさなきっかけ - ジャンル:心と身体

息子の生活 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。