スポンサーサイト

--/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
ガス抜き 宿

2006/05/28(日)

ガス抜きというほど大袈裟ではないが、家族で一泊二日の小旅行を思い立った。
ネット情報だけの宿選びだったが、うれしい心遣いでこれが大当たり!!。
客室14室 宴会場3室 小都市の 料金も平均並み、小さな温泉旅館である。

チェックイン・・・靴脱いで上がろうとする。
第一歩は一尺幅の畳敷きになっており、その先にスリッパが揃えてある。オヤッ 足の感触ちがうね?
廊下・・・フローリング4枚分位の大幅の床材、足に柔らかく全く抵抗がないというか、これで第一印象ピタリとハマル!

お風呂・・・こじんまりした普通のお風呂だが、湯船の縁に手桶が4、5個キチンと間をおいて置かれている。お湯を使って入るようにと言うことなのだ。風呂底には黒い玉砂利が敷いてあり、歩いてコロコロ転がるのが、なんとも心地よい。中央にはジャグジー。

露天風呂・・・ドアを開けて入ろうとすると、二段段々があり真ん中に20センチほどの丸い石が置いてある。ハテ なんだ??
床も段々も石組みがしてあり、区切りがみにくいため、足元に注意して!と言うことなのだ。 もう最敬礼! <(_ _)> マイリマシタ。
底には小ぶりの五色の玉砂利が敷いてあり、ふと見ると若葉の一枝が底に・・・誤って入ったのではなく、何気ない演出と思わせるのがニクイ!

料理・・・もちろん良かったが、
朝食に海苔ではなく板わかめ。すぐ傍で しゃれた襖紙と同じ紙を周りに張ったほうじ箱でほうじて、出して来てくれる。雰囲気ある??
夕は蜆(シジミ)の澄まし汁、朝は蜆の味噌汁、たっぷりの特大蜆に大好物の息子は大満足。また食堂からの庭の景色のすばらしいこと。

部屋に帰ると片付いたテーブルに新聞と抹茶の接待・・・オォ??感激
                           \(^o^)/
もう一つ、チェックアウト
玄関の上がり框(かまち)の畳敷きの所に、きれいな小座布団と靴べらが三組ほどそろえてある。立ったままで靴の履けない人はどうぞ というわけだ。
ちょっと不安定な息子は助かったと、座って履いている。

あげればキリがない。
女物の浴衣を選んで下さいといわれ着てみると、前幅が広く行儀悪くしてもはだけることがない。
タオルと共に綿足袋ソックスがそろえてある。見たことない!!
ありがたく頂いて帰る。

手入れの行き届いた庭の隅に、箒と熊手が立てかけてある。
露天風呂の隅に、落ち葉を拾うアミが立てかけてある。何故か隠してない!
それがちっとも気に障らず、自然で却って新鮮なのはなぜだ??

床の間に花がない。しかし細手の掛け軸にはつつじが溢れんばかり。
花のかわりには飾り皿。
全館が花よりも焼き物と絵で、落ち着いた雰囲気を作っている。

本当のサービスは 贅沢な部屋 贅沢な料理ではなく、本当の心遣いから生まれるものだと。
どのサービスも黙ってしてあり、見れば分かると。
いつも宿には辛口で笑われる私だが、今回はなんともクレームのつけようがない。
ただありがたく感謝!感謝!!

美術館めぐりなど観光も上の上。大満足で帰路に着いたことでした。
スポンサーサイト

テーマ:ありがとう - ジャンル:心と身体

暮らし | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。