スポンサーサイト

--/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
言葉 「おかあちゃん」

2006/05/03(水)

「おかあちゃん」・・・息子の私への呼びかけ、謎の一つである。
保育園時代は おかあちゃんと呼び,小学校入学でおかあさんとなり、それ以来、おかあちゃんと呼んだ事はない。

発病術後2ヶ月ぐらいから、やっとささやき声が出ても、無気力症で自分からことばは出ず、出ても全く自分の意志で、話す事は出来なかった。こちらから呼びかける一方だった。

声らしい声が出るようになっても、「おはようございます」「ハイハイ」
質問されても間髪をいれず、「分からん!」「知らん!」だけ。
相手からの言葉にも相槌をうつだけ、相手の言葉をオウム返しするだけだった。

三ヶ月位たち 少し目に力が出てきたね?といわれるようになった。
会社の上司の見舞いでは相槌うって話していたのに、帰られると、突然
「もう とても勤務は出来ないな?」「あの仕事はとても続けられないな?」と、全く正気の別人の言葉でビックリ。
又、自分が跡取りを意識するのか、「家を守る事はできないわ?」という。

オムツしながら車椅子でトイレ通いしていた頃、早くしなければの気持ちで手順教えていると、急に
「このクソ女になんで 指図されるのか!? なんで命令されるのか!?」という。正気の顔と声で怒っている。

あの頃にはこんな場面がだんだん多くなり、人間としての意識・心が戻ってくるのかと思ったが、やがて少なくなり、反応も沈静化してきた。

四ヶ月位で、ドクターに「いつもニコニコ多幸的」と言われ、挨拶とハイハイの返事しか出来ないのに、ふと、
「(お母さんは)ようやるわ?? 感謝するし 尊敬するわ??」と例の真顔で言う。
ああ、これからが介護の本番、第二の育児が始まると、実感した瞬間だった。

知らん 分からんと言っていたのが、胸の前で両手をヒラヒラさせながら、
「ナンカ説明できんのだが??」と困った顔で言うようになった。

つい四、五日前の会話;
「お母さんの事は なんていう?」
「おかあさん、おかあちゃん、ママ、はは、おふくろ・・・・」
と普通に考えられる言葉を、並べている。
「じゃあ なんで おかあちゃんって言う?」
「親しみをこめて言ってるんだ」
「ホウー いいこと言うネ??」
「私はお世辞がうまいんダ!」

無理に過去の記憶から言葉を捜していうのではなく、その場その場でタイミングよく答えられるようになった。
もちろん理解できないことは付いていけないが・・・。
やっと少しは人間らしい会話になった。

リハビリの暖かい部屋で、後ろから訓練を聞いていて、ついウトウト。
「おかあちゃん すんだよ! 起きて!!」
大声にビックリーー  
恥ずかしいが こんな声を聞けるなんて夢のようだ。 

ありがたい 感謝 感謝 ヽ(^o^)丿(●^o^●)
スポンサーサイト

テーマ:ほんのちょっとでも前進! - ジャンル:心と身体

息子の生活 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。