スポンサーサイト

--/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
大山(だいせん)バンザイ

2006/05/01(月)

目の前の大山が白い冠を脱ぎ、いよいよ緑の衣替えの季節になってきた。
入院生活一年で退院、まだ自分の言葉が出ず、ボーとしていたのに、車の窓から大山が見えるたびに、

「大山バンザーイ」と何回でも喚く。

発病前は休日ごとに大山に登り、4年前には私が一度も登頂したことがないのを知り、2度連れて登ってくれたことを、思い出す。
(3度目は もう分かったんだから自分で行け?といっていたが)

退院半年後、大神山神社から元谷に出て、まん前に大山を見上げたとたん、
「さあー のぼろう??!」という。

発病3年半の今、脚力はだいぶ付いたが、自信ないのか、
「大山 登りたいねー?」 聞くと 「いや 登りたくない」と
「もう少し脚鍛えたら 登れるよ!」
「ウン 行く行く?? 登る登る??」・・・と

問題は私だ。
その時登山口で、ひとり淋しく待つことのないよう 鍛えておこう。
スポンサーサイト

テーマ:大丈夫だから♪ - ジャンル:心と身体

息子の生活 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。