スポンサーサイト

--/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
花芽はとらないで!

2009/09/25(金)

数年前 友達からいただいたランタナが、霜にも負けず、両手にあまるほどの大株になり、今年もまっ黄色に、まぶしいほどに光り輝く花を咲かせた。夏も終わり、涼風とともにホロホロと花も散りだした。今切り戻しすればもう1回位花が楽しめそうだ。

さあ息子の出番だ。「下に花芽がついてるから、上の花や実は全部切ってね」「いいよ」

左脳を手術、今年10月で満7年が来る。右足が引きずり気味だとは思っていたが、庭仕事を手伝えるようになって腰、足首の関節が固く、しゃがむことが出来ないのにきがついた。ストレッチしても曲がらないなーとは思っていたが・・・
草取りは両足を投げ出して、べたーっと尻もちついた格好でやっているが、10分でやめたーと喚く。
だから庭仕事も 枝切り・・もちろん大きな木はあの枝この枝と指示しなければならない。と、小さな焼却炉での枯れ枝焚き・・詰め込み過ぎて火が消えるとお手上げだが・・・
はじめは私一人の方がマシと思ったが、少しづつ鋏とスコップ使って手伝えるようになった。

リハビリと運動を兼ねてなんとか庭仕事が好きになってもらいたいと、まあ少々私の手抜きしたい気もありまして奮闘しているところですが、何かいい工夫はありませんかね? 教えて下さ??い。

ランタナからつい脱線。「下の花芽はこれだからネ ここから上を切って! 強い木だからだいたいでいいけどね」 「うん うん わかった」 気分よく切っていく。

2,3日してもう下の花芽に赤い色がついてきた。
見ると息子が通りすがりにチョイと手を出して、何かつまんでいる。
虫でもいたのかと思ったのだが。また手を出している。
「アレ 花つんでるのー?」 「うん 」 のんびりした返事!
説明繰り返しても、また花をちぎってしまう。
怒っても「ゴメーン」 といいながら、3回位(一週間ぐらい)繰りかえしてやっと終わった。

花を切り取ったというあまりにも印象深い強い記憶で、抜けるのに時間がかかるのか?反対の「花を咲かす」という記憶に、切り替えるというのが難しいということなのだろうか?

息子の問題行動は、こちらが先回りして気がつかないのが悪いといつも思うのだが、やっぱり今回もテキにしてやられた?? 

いま 元の三分の一は花も戻り、楽しめそうだ。 あんた強いね?ホント! 
スポンサーサイト

テーマ:脳障害、高次脳機能障害、リハビリ - ジャンル:心と身体

息子の生活 | コメント(3) | page top↑
久々更新すみません

2009/07/17(金)

更新せず 半年もたってしまった。

「どうですか? おかわりないですか?」 ちょっと様子見。
「どうしたの?びょうき???」 声のトーン グーンと低め↓
「いい加減に かーけーー! 死亡広告出すぞー!
ギョッ 身内が怒鳴っている。

とにかくご心配かけました。すみませ?ん。

息子は去年10月、丸5年通ったリハビリ病院は、卒業?
いや、記憶障害に関してはリハビリしても進展がなく、検査しても2,3年は据え置き状態。頭打ち。これ以上病院としてはリハビリ治療は続けられないと。通院回数を減らせば続けられると提案して頂いたが、結局傍で見ていて、そろそろリハビリ方法も限界かな?、環境変えるのも一つの方法かな?と。本人の気持ちとしても、無事落第に(中退?)落ち着きました。(倒れて手術してから丸6年)

リハビリ病院と並行して作業所は、定員の都合で2か所通所していた。
それぞれに特色があり、とてもよくしていただいて、本人も楽しく、体調とか我がままで休むということは1日もなかったが、片やバス通い、他方往復とも私の車運転。いつまで行けるかな?と思案していたところ、近くに作業所が出来(2年前から・・・知らなかった)週1回?2回と様子見ながら通ったが、今年の5月からこちら1ヶ所の通所にする。
2ヶ所の作業所はどちらも5年6か月お世話になり、ほんとうにありがとうございました。本人のみならず私まで仲良くして頂いて楽しかったです。

さて 新しい作業所は歩いても30分もかからず行けるところだが、送迎の車が来て下さり、何の問題もないと思っていたのに、いろいろとなるほどね?と新しい発見があり、傍観者とすれば面白い・・・ナンテ・・・また次回に報告します。

今日はお詫びと、リハビリ病院、作業所へのお礼。本当にありがとうございました。

テーマ:ほんのちょっとでも前進! - ジャンル:心と身体

息子の生活 | コメント(2) | page top↑
めでたい松竹梅 千両も?

2009/01/06(火)

20年12月 講座最後のガーデニング。

今迄 素焼きの鉢に洋花ばかりの寄せ植えだったが、今日は濃い青色の水盤に正月用の松竹梅だ。いつも8人の会員なのに、今日だけの参加が4人。どうやら事情を知っていて、この正月用の鉢がお目当てらしい。

講座が始まり、先生の説明が終わるか終らないうちに、花材の並べてある出窓に殺到だ。松や梅の幹は太く、曲がりくねり、盆栽風に仕立ててあり、みな吟味に夢中だ。早い者勝ち。目の色が違う。

しまったー! いつものんびり選ぶので、窓際に座っていながら出遅れたー!
まあ 最後で紅梅は取れなかったが、白梅も蕾がびっしり、いい形だー。

径35センチの楕円形の浅い藍色の水盤様の鉢。
中ほどにどっしりと白梅を据え、S字に曲がりくねった五葉の松を横に。根元に南天、笹、福寿草、赤い実をつけた千両を置く。鉢から出して並べた時点で、みな土が水盤の背より高い。
どうなるの?と思ったが、粘りのある土を水でこね、団子状にし、接着剤にして隙間にしっかり詰める。またデコボコ段差のある表面に団子を押し付け、滑らかな山になるように上をおおって行く。その表面に、さらに苔をびっしり張りつめ、ピンで止める。

山の前に川に見立てた白砂を敷き、つがいの鶴を遊ばせ、松の影に(そびえ立つ岩石の)小石を置き、梅の根元に(泥手でつかんで古色のついた)白い灯篭を置いて・・・できあがり??
うーーん なかなかのものではないか?! 自己満足!!

今日は手がこんでいるので、息子の方もちょっと心配、配置加減を助言してみるが、「いや こっちだー!」 気合いが入っている。

前から講座を受けている人が、
「去年も同じ鉢作った。松は枯れたけど他はみな元気。千両の赤い実もきれいですよ」
先生 何気ない普通の口調で 「千両の実はプラスチックです。今年もそうです。」
アチャ?? 全員 のけぞってしまった!!
南天、笹、千両は同じように根をミズゴケで巻き、ワラでしばってある。それをそのまま植え込んだので気がつかなかった。

年が明けて 梅はふたつ、みっつ、白い花が咲き出した。千両も真赤に輝いている。

テーマ:小さな幸せ - ジャンル:心と身体

息子の生活 | コメント(4) | page top↑
ガーデニング講座

2008/04/07(月)

脳に障害をもって5年半、今 作業所とリハビリ通院の毎日である。
少しづつ良くなったが、考えてみると当人の周りには、リハビリの先生、作業所の職員さん、ヘルパーさん、友達、家族会の人達、親戚 皆事情のよく分かっている人ばかりで、一般の人達との新しい付き合いはない。

観光地で 「あれ 後ろにいない!」 ちょっと慌てたが、
おばちゃんグループにつかまり、頼まれて 「はーい チーズ!」 なんてカメラ構えている。
「おかあさん ちょっとお借りしました?」 どうやらほろ酔い機嫌のおばちゃん。
その場限りのおつきあいはOK!なのだが・・・  普通の人と新しい出会い、継続したおつきあいがほしい。

ボランティアも考えたが、無償といえども人を手助けするのはとても無理。
カルチャーセンター? 勉強じゃなくて軽作業で楽しくなにか作る講座?
ガーデニング? ウン 行く行く!と。土曜日、期間は6ヶ月、ちょうどいい、決まり!!

講座 『四季のガーデニング』 テラコッタ(鉢植え)ガーデンが主。
会員は8人 未経験はどうやら私達2人。若い男の先生。
大きな鉢、土、色とりどりの草花(一本づつの苗仕立て)が運び込まれ、その人のセンスで組み合わせて植え込んでいくのだという。根が張ればこれ位かと間をあけていたら、
「それは寄せ植え(お宅でも出来ますから)、ここではもっと隙間無しに植えるやりかたです」「きっちり植えると根がそれ以上張らないので、最初から完成品になります」・・なるほど。

息子はやはり緊張気味。先生がいらっしゃるまでのオシャベリに、笑ったり話したり。ちょっと笑いすぎかな・・・。
先生は8人の間を回りながらアドバイス。息子に
「何歳ですか?いや 僕より上かな下かなと思いまして・・」 などざっくばらんに話しかけてくださる。
私・「実は大病しまして障害がありますので、よろしくお願いします」
先生・「いや かまいません 大丈夫です」

「次回から詳しく説明しますが、今日は好きなように植えてみてください」
息子も私も自分のことで精一杯、高めのゼラニュウム、マーガレット、低めの朝霧草、においなづな。初めて見る葉っぱもの、いちご(運がよけりゃなります!だって)・・などなど。
1時間で出来上がり。人のを見たり先生の批評を聞いたり。いや?楽しい!!考えて植えたつもりが、背中向けてあらぬ方見ていたり、生き物って楽しーい!!
まわりの隙間に白い石で化粧して、よそ行きの顔で出来上がりー。

先生からサイネリアの鉢をいただく。
「これは卒業式の花ですが入学のしるしです」 
3個の鉢をしっかり抱えて帰えり、すぐ花壇におろすつもりが、息子共々水をやったり、デヂカメで撮ったり。次の2週間先までこのままで楽しませていただきましょう!!!!

新しい人との出会い、生きた花との出会いに私も楽しんで嬉しくなった。息子のお陰でありがたい。
息子もどうやら問題なし。あまり頑張らなくても楽しめそう。私の方が臆病になっていたようだ。
ささやかながら 自信につながりますように。

テーマ:ほんのちょっとでも前進! - ジャンル:心と身体

息子の生活 | コメント(6) | page top↑
続 後ろ姿 ヘアスタイル 

2008/01/17(木)

19年12月23日 『後ろ姿 ヘアスタイル』 の記事に
20年1月15日、うれしいコメントがついた。

息子のケイタイに頭部の後ろ姿。それもアップした髪に編み棒を2本、中心で交差させたような奇抜なヘアスタイル。日付を見ると私が見つけた時よりも15日ぐらい前に撮影しており、当然 どこで写したのか、誰を写したのか、「知らん? わからん?」 状態。

画像は後ろ頭1枚だけ。人の指示で写したようでもなく、出先ででも見つけて、つい後ろからパチリしたのかな?? 美容師時代の好奇心がフッと出てきたのかな??

それにしても今まで自分から被写体捕らえて、ケイタイで写すという積極的な意欲はなく、これだけでも前進だー! うれしいクリスマスプレゼントだー!・・・・と思っていた。

ミムラさんからコメントがついた。作業所の先生らしい。・・(往復ともバス通勤となり、私はすっかりご無沙汰、申し訳ありません。)
長い髪をまとめるのに息子がアドバイスし、100円の箸を使って髪を結いあげ、2本の箸を交差させたスタイルが出来上がったというのだ。『サザンクロス』と名前までつけて。コメントを一度読んでも意味が分からなかった。 信じられない! びっくりしてしまった!

もちろん 作業所の先生方の上手なサポートがあって、初めて出来たことと思う。
大層なクリスマスプレゼント、うれしい!! ありがとうございました。

しかし 考えてみると、後ろ姿の画像の日付から15日たった日、ケイタイに見つけて聞いたときには、体調もあったかも知れないが、誰なのか、どんな状況だったか、ほとんど分からなかった。
その後23日間、息子と2,3回話題になったかな??
コメントがついて、ミムラさんと名前が出た途端、作業所内で、100円の箸使ったこと、結い上げてそれをケイタイで撮ったことなど、芋ずる式にスルスルと出てきた。(作話の症状はないが聞きだすのに一寸した?技術がいる)

最初「わからーん」といった時、記憶がすべて『ゼロ』になっていると思ったが、記憶の入り口のドアが分からなかっただけで、ミムラさんの名前が入り口のキイになり、中の記憶が出てきたのだろうか?記憶が消えないで残っていたのだろうか? 潜在的に残すだけの力というか、回路が出来てきたということなのだろうか?
ついつい過大に期待したくなる。裏目に出た時の落差がこたえる。きけん!危険!
嬉しさも控えめにしよう。  ミムラさんのコメント、ありがとうございました。 
これからもよろしくお願いします。

テーマ:ほんのちょっとでも前進! - ジャンル:心と身体

息子の生活 | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。